Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c4531349/public_html/maru-blog1.com/wp-includes/post-template.php on line 317

ヤフオクアカウントを複数持つ方法/格安SIMはこれを選べ!

 

ヤフーオークション(以下=ヤフオク)に出品するための「アカウント」を複数持つ方法を紹介します。

 

アカウントを複数持つことはヤフオクが認めていることなので、安心して複数持つことができます。

 

ヤフオク以外では、アカウントを複数持つことを認めていないので、認めてくれているヤフオクは貴重な存在です。

 

これはアカウントを複数持たない手はありません。

 

ヤフオクアカウントを複数持つことのデメリットは特にありません。

 

しかし、出品者にとって複数持つことのメリットは多大なものがあります。

 

ショップカートのアイコン

 

 

2大メリット

  1. サスペンドを受けても別のアカウントで出品できる。
  2. アカウントが多いほど効率が良く、比例して収入が増える。

 

これが大きいです。今から出品する方も、最初に複数のアカウントを作っておくことをおすすめします。

 

というのも、新規アカウントでの最初の出品には審査があるので、その間は仮出品となり、すぐに出品できる訳ではないからです。

 

また、出品ツールなどを使う場合は、いきなり新規アカウントでは出品ができないものもあります。その場合は、数点の出品実績や評価実績が必要であったりします。

 

アカウントがサスペンドを受けて、慌てて新しいアカウントを作っても、出品までに少し時間がかかるので、いくつかのアカウントは最初の内に作成し、少しずつ運営していた方がよいです。

 

出品用と、購入用のアカウントを分けておくと、管理がしやすいので、効率よく運営ができます。

 

ヤフオクアカウントを作る際、他人の電話番号を借りる方法は、家族であっても気が引けますし、トラブルがあった場合など、ずっと心配していなければなりませんね。

 

しかも、アカウントが使えなくなると、また新しく作るには物理的に無理があります。

 

そこで、他人に迷惑をかけず、合法的にヤフオクアカウントを複数(実際、いくらでも作成できます)作成する方法を紹介します。

 

キャッシュバックで初期費用を実質無料にする裏技も併せて紹介します。これは、知っていると知らないでは大きな差がありますので、こういった使えるものは使って少しでも経費を削減します。

 

それではどういった方法なのか、それは『格安SIM』を使ってアカウントを作成する方法になります。

 

具体的には『エキサイトモバイル』(エキモバ)を利用します。

 

エキサイトモバイルなら

  • 費用を少なく
  • 安全に
  • 効率よく

利用することができます。しかも、繰り返し利用できるので、いつでも好きなだけアカウントを増やすことが可能です。

 

タイトルにあるように、1アカウント作成するのに、最初だけ1コイン(500円前後)はかかります(キャッシュバックなし)が、他人に迷惑をかけずに、安心して利用することができます。

 

記事のマニュアル通りに行えば、誰でもできる方法ですので、読んだらすぐにでも実践して行きましょう。

 

 

エキサイトモバイルの利用方法

まず、エキサイトモバイルについて説明します。

 

エキサイトモバイルは、契約したSIMカードをSIMフリースマホやタブレットに挿入することにより、従来よりもお得な料金で、インターネットや通話ができるサービスです。

 

NTTドコモの回線を利用しています。

 

エキサイトモバイルを利用する前に!

 

A8.net を利用してエキサイトモバイルのキャッシュバックを受ける。

A8.net というセルフバックが受けられるサービスを経由して利用すると、2,000円弱の金額をキャッシュバックが受けられます。これで、エキサイトSIMの5枚分の初期費用はほぼ戻ってきます。

 

【注意】セルフバックは、キャンペーン中に限ります。エキサイトモバイルがキャッシュバックキャンペーンを継続している間のみです。

 

すぐにではありませんが、後から登録口座に現金振り込みで受け取ることができます。

 

それではまず、A8.net へアクセスし、無料登録します。

 

a8.net登録画面

必要事項を入力します。

 

a8.net登録

送られて来たメールのURLから本登録を行います。

 

本登録後、ログインし『セルフバック』というボタンをクリックし、『エキサイトモバイル』を検索します。

 

a8.netセルフバック


セルフバックを行う」をタップして、下記で説明する手順通り『エキサイトモバイル』の登録を行うと完了です。

 

A8.net の利用は別にしなくても構いませんが、実質SIMカード4枚分くらいが無料になる計算(2,000円が戻ってくるのは翌々月)なのでもったいないです。

 

高単価案件のクレジットカード作成や、無料相談、資料請求、ショッピングのキャッシュバック、モニター、買取サービスのキャッシュバックなど、誰でも簡単にできるものが多数あり、どんなのがあるかなぁって検索するだけでも楽しいですよ。

 

この機会に始められるのもいいと思います。

 

セルフバック案件は多数(100%キャッシュバック案件もあり)、初めての方でも費用0円ノーリスクで20万円程度は稼げるのでやらないのはもったいないですね。

 

知っている人は無料登録やカード作成だけで20万円前後は稼いでるはずです。

 

カード作成は普段でもみなさんが普通に行っていることですが、こういったセルフバックを通すだけで、お金までもらえてしまうのです。

 

作成したカードを使う必要はありません。数ヶ月後、翌年に解約しても、受け取ったお金は返さなくても大丈夫です。

 

ご家族やお友達が、もしこれからカードを作ろうとされているなら、もったいないので紹介してあげてください。

 

おひとりで、ひとつのカード1回までしか承認されませんが、カードは無数に登録されていますので、1月に1~2枚程度づつ作成すれば何枚も作成できます。

 

1度に何枚も申し込みをすると、信用情報にマイナスになるため注意して下さい。

 

あと、作成後にカードを利用する場合は、くれぐれも使い過ぎにご注意下さい。

 

物販をする場合に、クレジットカードで仕入れをするとポイントまでもらえて一石二鳥になりますので、仕入用に必要な分だけ手元に置き、残りはしばらくしての解約をおすすめします。

 

仕入れのたびにポイントがもらえるので、相当な金額分のポイントが貯まりますよ。

 

 

ブログをしようと思っているなら、ドメインサービスやレンタルサーバー、ワードプレステーマなど、A8.net 経由で利用すれば初期費用無料になります。

 

A8.net 経由で利用していれば良かった(泣)ってサービスが結構ありますよ。

 

 

エキサイトモバイルの利用手順

 

エキサイトモバイル申込み


上記が必要になります。事前に用意しておきましょう。

 

エキサイトモバイル利用の流れ


全体的な手続きの流れとかかる時間です。

 

手順1

エキサイトモバイル  へアクセスします。

 

手順2

エキサイトモバイル料金プラン


プランを選択します。ここは『最適料金プラン』を選びます。

 

エキサイトモバイル料金プランの選択


『最適料金/定額プランのお申込み』へ進みます。

 

手順3

エキサイトモバイル最適料金プラン


『最適料金プラン』の『5枚』を選択します。

これは、1枚でも3枚でも構いませんが、1契約当たり5枚のSIMカードが持てます(これは大きなメリットです!)し、1枚当たりの費用が割安になるので『5枚』を選ぶことをおすすめします。

 

もう1度説明すると、エキサイトモバイルでは、1契約でヤフオクアカウントが『5つ』作れるということになります。

 

エキサイトモバイル最適料金プラン


次に、SIM1枚づつ、利用者の「生年月日」を入力し、『SIMのみで購入』を選択します。

 

後で説明しますが、ヤフオクアカウントの認証が済んだら解約を行いますので、SIMのみの購入で大丈夫です。

 

生年月日は全部同じで構いません。(自分の生年月日を入力)

 

エキサイトモバイル最適料金


SIMカードのサイズ(種類)を選択します。お使いのスマホのSIMカードを確認しましょう。

 

次にSMS機能を選択します。

 

ヤフオクアカウントのSMS認証で必要です。音声通話機能は必要ありませんし、音声通話機能の契約は12ヶ月の料金縛りがあるので気をつけましょう。

 

エキサイトモバイル申込手続き


この内容でお申込みに進む』の後、「エキサイトID」を持っている方は右側から、まだ持っていない人は左側から作成します。

 

手順4

エキサイトIDの作成


エキサイトIDが無い人は、契約者名・住所・電話番号・メールアドレス等の契約者情報を入力します。

●送付先住所を入力します

●メールアドレスを確認します

 

手順6

入力した登録情報を確認します。

 

IDを持っている人は、送付先住所等を確認します。

 

 

手順7

エキサイトモバイル最適料金プランの料金


次に料金の支払いをします。

 

クレジットカードのみになります。

 

SIM5枚で、2,000円かからないので、SIM1枚当たり約400円ですね。

 

A8.net のセルフバック経由で申し込みをした人は無料(若干プラス)です。

 

これで、SIM1枚ごとに電話番号が割り当てられ、SMS認証機能もあるので、ヤフオクアカウントを取得することができます。

 

ヤフオクアカウントが1つ400円で持てることになります。

 

手順8

エキサイトモバイル中身

約1週間後、SIMカードが到着したら中身を確認します。

 

エキサイトモバイルのSIM

SIMカードをお手元のスマホのSIMカードと入れ替えます。

 

SIMを入れ換えると、新しい電話番号に変わっていますので、新たにヤフオクのアカウント登録を行います。

 

その作業をSIMごとに繰り返します。

 

ヤフオクの携帯電話番号認証
ヤフオクからのSMS認証が済んだら、ログイン方法設定を、電話番号認証から、パスワード認証または、メールアドレス認証へ変更します。

 

ヤフオク確認コードの利用設定


そうする事で、今後は電話番号でのSMS認証が必要なくなるので、SIMカードを解約しても大丈夫になります。

 

手順9

エキサイトモバイル解約手続


エキサイトSIMの解約をします。

 

エキサイトモバイルにログインし、「エキサイトモバイル解約」から手続きをします。

 

日割り計算はなく、解約日を含む月の月末日までの利用料金となりますので、月をまたぐと翌月分まで発生します。

 

翌々月のクレジットカード請求になります。

 

新たにヤフオクアカウントを増やしたい場合は、いつでも新規申し込みをして、同じ手順で利用することが可能です。

 

 

紐付け防止

ヤフオクでは、同じIPアドレスで1度でもログインすると、1つのアカウントがアカウント停止(利用停止・出品制限・登録削除)になると、他のアカウントも同一人物のアカウントとして判断され、全てアカウント停止になってしまいます。

 

そこで、アカウントの紐付けを防止するための方法があります。

 

ヤフオク側は、IPアドレス・Cookie・キャッシュのデータによって、アカウントが同じ人物かどうかを判断しています。

 

ということは、

 

①IPアドレス

②Cookie

③キャッシュ

 

を分けることで、同じ人物とは認識されません。

 

ポイント〜覚えておくと色んな場面で役に立ちます。

シークレットタブ(シークレットモードやプライバシーモードとも呼ばれる)を使います。Google Chromeの場合、シークレットタブで閲覧した履歴は残らず、Cookieはタブを閉じると自動的に削除されるため、サイト側にログイン後の情報も残されません。

Google Chrom 以外のブラウザでは違う呼び名になっています。

 

 

IPアドレスの確認方法

パソコンでも、スマホでも検索欄へ『IP検索』と入力  →  アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】 のタイトル →  『CMAN』へアクセスします。

 

IP検索


アクセスすると図画像のように、今自分が使っているデバイス(情報端末)のIPアドレスが表示されます。

 

これがインターネット上の住所です。このIPアドレスのまま、他のアカウントにログインすると同じ人物と認識されてしまう訳ですね。

 

そこで、対策として、毎回IPアドレスを変更してログインします。

 

スマホでIPアドレスを変更する方法

①Google Chrome のシークレットタブを新しく開きます。

②IP検索で現在のIPアドレスを確認します。

③「設定」  →  「機内モード ON」にします。

④10数秒(私は5秒程度)後、「機内モード OFF」


シークレットモードで再読み込み


⑤「再読み込み」をクリックします。

 

IP検索


⑥IPアドレスが変わっているのを確認できます。

 

⑦次に、「Cookie」と「キャッシュ」の削除をします。

 

パソコンでIPアドレスを変更する方法

①使っているWi-Fiルーターの「電源OFF」、もしくはWi-Fiルーターのコンセントを抜いて、数分まってから「電源ON」または「コンセントを挿す」。

 

②『CMAN』でIP確認すると変わっているのが確認できると思います。

(注)パソコンの場合、Wi-Fiルーターの機種によって変わらないものもあります。

その場合は

①デザリング機能を使う

②IP変更が簡単なWi-Fiルーターに変更する

2つの方法があります。

 

 

コンセントの抜き差しだけで「IPアドレス」が変更できて使い放題、今ならキャンペーンのキャッシュバックがあるので、実質初期費用「無料」で利用できるのは「SoftBank Air 」です。

 

 

Cookieとキャッシュの削除方法

Cookie(クッキー)は、サイト側(ここではヤフオク)が、訪れたユーザーの行動を保存しておくことで、

  • 何度もログインしなくて済む
  • ブラウザに応じた表示がされる

 

など、ユーザーにとってメリットもありますが、IPだけ変えても保存されているデータから同一人物だと判断されてしまいます。

 

キャッシュも、そのブラウザの表示履歴が一時的に保存されているので、同じように履歴から同一人物だと判断されてしまいます。

 

そこで、対策として「Cookie」と「キャッシュ」を削除して、ログイン情報・閲覧履歴を真っ白にしてログインします。

 

Cookieとキャッシュの削除方法

  • パソコンの場合は「設定」  →  「閲覧データの削除」
  • スマホの場合は「設定」  →  「プライバシー」  →  「閲覧履歴データの削除」

 

閲覧履歴の削除


「閲覧履歴データの削除」をクリックすれば完了です。

 

 

 

まとめ

おさらいですが、ヤフオクには以下の規定があります。

 

1アカウント=1つの携帯電話番号

1アカウント=他のアカウントで使われていない、1つの受け取り口座

1アカウント=1つのクレジットカード

そこで、ヤフオクアカウントを複数作るために、格安SIMの『エキサイトモバイル』を利用します。

 

エキサイトモバイルの1契約で最大5つのSIMカードが利用できるので、携帯電話番号が5つ持てます。

 

ヤフオクでは通常のクレジットカードだと、1アカウント1クレジットカードしか使えませんが、デビットカードを使えば、1口座で5アカウント可能です。

 

『ジャパンネット銀行』のデビットカードは、1口座で4つのガードレスデビットカードが利用できます。

 

ジャパンネット銀行の口座を1つ作れば、4枚×5アカウント分=20アカウント分のヤフオク受取口座として利用できますので、ジャパンネット銀行の口座だけでまかなえます。

 

上記以外では、楽天銀行などのネットバンク(決済などが早い)や、LINE Payカードなどもおすすめです。

 

私はジャパンネット銀行デビットカード以外に、楽天銀行デビットカードをヤフオクで使っています。

 

ヤフオクの場合、様々な理由でアカウント停止(復活再開もあります)になってしまいますが、できる限り多くのアカウントを用意しておけば、急な事態にも慌てずに対応できます。

 

物販をしている人の中には10アカウント以上を運営し、月に100万円以上の収入を得ている人は多数います。

 

実際、1アカウントで、1日5〜10点売れるので、月に10万〜15万円の利益になります。

 

アカウントを増やせば、それだけ有利に展開できますので、チャンスのある内にアカウントを増やして、挑戦していくのもいいと思います。

関連記事

完全自動化物販システム―ECAUTO― 大口契約