ワイルドスピード新作動画/ジェットブレイクのキャスト|あの人が復活⁉・・・

ワイルドスピード9の記事タイトル

ワイスピ』ファンには待ち遠しい、新作『ワイルドスピード/ジェットブレーク』(原作題名:Fast&Furious9)の公開情報をお伝えします!

本来は、2020年5月公開予定だったのですが、新型コロナウイルスの影響が世界中に及んでいることもあり、今年 2021年4月2日への公開延期が発表。

その後、5月28日へ再延期、米国では5月31日までに希望者全員が新型コロナのワクチン接種できると発表があったことが関係しているのかは不明ですが、最終的に6月25日への延期を発表しました。

2021年6月25日公開です!

(日本公開は8月6日)

詳しいあらすじは分かっていません。しかし、気になるキャスト(出演者)は公開情報や予告動画からわかっていることがありますので、お伝えしていこうと思います!

まだ観たことがない人も、キャストや無料の予告動画を観れば興味が出ると思います。

今回の最新作『ジェットブレーク』はシリーズ第9作目。

制作にも携わりドミニク・トレットを演じるヴィン・ディーゼル

第10作でシリーズを1度完結させる

ファンなら「???」となる、意味深な方針を示しています。

実は、第10作目で完結するために、8作目-9作目-10作目の3部作を最終章のセットと考えているとヴィン・ディーゼルが明かしています。

来年公開の『ジェットブレーク』がその第2作目。前回の『アイスブレーク』が最終章の第1作目だったんですね。

10作目で完結できれば、今後の世代が続けていくにはよいとの考えがあるようです。

昨年は、Netflix製作のスピンオフアニメ「ワイルド・スピード: スパイ・レーサー」が配信され、ドウェイン・ジョンソン&ジェイソン・ステイサムが主演のスピンオフ作品『スーパーコンボ』は記録的大ヒットとなりました。

すでに『スーパーコンボ続編の準備が進んでいることも、主演二人が明らかにされています。

さらにさらに、女性キャラクターのスピンオフ企画も進行しているようですよ!

ワイルドスピード/ジェットブレイクのキャスト

さて『ジェットブレーク』の重要な話に戻ります。

今回、いくつかのサプライズ』が用意されているとの話。

人気女性ラッパーのカーディ・B、ラテン音楽界を牽引するオズナの出演が明かされていますが、他にも・・・

監督は、3~6作目の大ヒットの立役者となったジャスティン・リンが復帰。

ワイスピを愛して止まないリン監督が、様々な思い(監督してない間にシナリオが意図せぬ方向へ行っちゃったから)を作品にぶつけるべく、どういったシナリオを用意しているのか大大注目です!

それでは、『ジェットブレーク』の気になるキャストを見ていきます。

現在分かっている出演者

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

ヴィン・ディーゼル
(ドミニク・トレット)

彼をなくして『ワイスピ』は始まらない。

シリーズ第1話より中心人物。周りの誰もが一目を置き、今や『ドミニク・ファミリー』のパパ的存在。

レースで賞金を稼ぐ凄腕ドライバーで、いくつもの犯罪歴(悪人ではないのに)がありながら、気が付けば警官も、敵も、みーんなドム(愛称)の味方になっている、その人間性に惹かれます。

今回、実の弟が現れ(初登場)、理由は分かりませんが、その弟と戦わないといけないようですね。

前回の『アイスブレイク』で父親となったドム、ブライアンの成長も楽しみです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

レティ
(ミシェル・ロドリゲス)

ドミニクの妻。前回、ドミニクに子供がいることが分かり(ドミニクも突然知る)、母親のエレナ・ネベス(エルサ・パタキー)は死んでしまう。

その後、レティが新しい母親となって育てます。

記憶喪失になったけどドムの元に戻ることができてよかったです。

レティはとっても戦闘能力が高く、ドムと組むと相当強いです。

実際のミシェル・ロドリゲスも男勝りな性格のようなので、自でいっても様になるのでしょうね。

髪を短くして、よりスポーティでかっこよくなっています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

ミア・トレット
(ジョーダナ・ブリュースター)

ドムの実妹で、死んだブライアンの妻。ドムは息子にブライアンの名前をとりました。『スカイミッション』以来の復帰です。

ドムが危険な目に合う度に心配で、もう止めるように言いいます(が、ドムは聞かないんですよねーー)。

実は運転技術も一流で、武器も使います。いざとなると兄や仲間たちを助ける強さを持ち合わせています。

ミアは基本的に、優しく、物静かな女性なんだと思います。

ミアの運転やアクションシーンも見たいですが、早く平穏な生活が訪れるといいですね。(うーん、穏やかな生活を突然ぶち壊すのがワイスピだからなぁ)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

ローマン・ピアース
(タイリース・ギブソン)

誰よりも口が達者なことが計画に必要として、チームに参加するようになったローマン。お調子者で、たまに空気を読まないのも特徴。

今は亡き、ブライアンと旧友だったことからつながります。

『いじられキャラ』でムードメーカー的存在ですね。

開き直る思い切りのよさと強運で、幾度も窮地(きゅうち)を乗り越えてきました。

慎重派の多いメンバーの中で、ローマンみたいなタイプも必要です!

テズとのコンビも場を和ませてくれますので毎回楽しみです。あと、ラムジーへの想いやいかに。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

テズ・パーカー
(クリス・”リュダクリス”・ブリッジス)

チームのメカニックエンジニア。

『ワイルド・スピードX2』から登場。「マイアミの裏の顔」と呼ばれ、ストリートレースを仕切る元締めでした。

そこに、亡きブライアンがローマン連れ頼ってきます。そこからのつながりです。

お金を稼ぐことに興味がある感じで、あまり整備のスペシャリストのイメージはなかったんですが、いつの間にかチームに欠かせないメカニック担当になっています。

ローマンとは、互いに意識し合うライバル関係⁉ ですが、いつも一緒でメッチャ仲がいいですよね。

ローマンと同じで、ラムジーに片想い?の三角関係の恋の行方も気になります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

ラムジー
(ナタリー・エマニュエル)

『スカイミッション』から登場の凄腕『ハッカー』です。

世界中の監視カメラや携帯電話など、あらゆるシステムに入り込み、ターゲットの居場所を追跡することのできる画期的なシステム『ゴッドアイ』の開発者です。

テロリストに拉致されていたのを、特殊部隊に頼まれたドムたちが助けたのをきっかけに協力するようになりました。電子機器が得意なテズとのコンビは最強!

トレードマークのアフロヘアから三つ編みに変わって雰囲気が違いますね。

テズとローマンの気持ちを知っているのか、知らないのか、どちらかを好きなのか、それとも・・・気になります!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

サイファー
(シャーリーズ・セロン)

前作アイスブレイクから登場する極悪非道の凄腕ハッカーです。

デッカード・ショウやレティのセリフから、その前の『スカイミッション』『ユーロミッション』で、デッカードも弟ショウも影でサイファーに「ナイトシェード」を盗むよう操られていたことが分かりました。

その2回はドムがデッカード兄弟を未然に防いでいて、前回のアイスブレイクでは直接ドムに防がれています。

ドムは息子の母親でもあるエレンをサイファー殺された恨みがあり、お互いの恨みがどのような展開を見せるのか注目です。

(ヘレン・ミレン)

兄デッカード・ショウ、弟オーウェン・ショウ、妹ハッティ・ショウの母親であり「ショウファミリー」の大黒柱。

肝の座った立ち振る舞いはかっこよく、疎遠になっていた子供たちの仲を修復しました。

デッカードは元英軍秘密部隊やMI6諜報員でスパイの経歴、弟オーウェンは元英軍で現傭兵、妹ハッティは英MI6諜報員とメチャクチャ凄い家族。

そんなみんなもママには頭が上がりません。

前作『アイスブレイク』のラストで、デッカードたちが刑務所から脱獄させるシーンがありました。今回、英高級スポーツカーを運転するとか。

強さの中に、とーーーっても広い優しさを感じる、ショウママの活躍が楽しみです。

 

ショーン・ボズウェル
(ルーカス・ブラック)

 『TOKYOドリフト』『スカイミッション』以来の登場となるルーカス・ブラック。

『TOKYOドリフト』ではハンと友達。ハンの死後、東京にやって来たドムと知り合います。

『スカイミッション』ではハンの復讐のためにドムのチームに参戦しましたが出演時間はほんの一瞬でした。

シリーズが 3 (2006)⇒ 7 (2013)という時系列になってしまい『TOKYOドリフト』で高校生だったショーンを演じるのは無理があったのかもしれません。
今回はいかに。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

ジェイコブ
(ジョン・シナ)

ホブス役のドウェイン・ジョンソンと同じプロレスラー(WWE)のジョン・シナが、ドム(ドミニク)の弟役として初登場です。

今回、ドウェイン・ジョンソンは、ヴィン・ディーゼルとの不仲(仲直りしたとの話もありますが・・)が理由なのか出演していません。

ドム以上に強くて賢い、運転技術の技術も高い、プロの殺し屋⁉として、平穏に暮らしている兄ドムとレティ、成長している息子のブライアンの前に現れるストーリーのようです。

これ以上、大切な人を失うのを見たくないので、他の設定にして欲しいですけどね・・

 

役名不明(アンナ・サワイ)

日系のアンナ・サワイはニュージーランド出身で、エイベックス・マネジメント所属の女性ダンス&ボーカルグループであるFAKYの元メンバー(グループでの呼び名はAnna)です。

ドムやミアと一緒に写っている映像があるので味方側の人物だと思われます。

日本ではダンスグループでの活動実績があり、Instagramに格闘技を練習している動画もあることから運動神経はいいので、アクションシーンが多いかもしれませんね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Michael Rooker(@michael_rooker)がシェアした投稿

役名不明
(マイケル・ルーカー)

『ヘンリー』『ウォーキング・デッド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で人気俳優のマイケル・ルーカーが初登場です。

17歳から関わりのある合気道や空手など、日本の文化に興味を持つマイケル・ルーカーが出演するのは何だか嬉しいです。

イメージだとやっぱり悪役?敵のボス?

誰かの父親?今回、いきなりドムの弟が出てくる訳ですから、誰かのパパって可能性もありますね。

『アイスブレーク』のシャーリーズ・セロンのように、他を圧倒するような演技力を楽しみにしておきましょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワイルド・スピード(@wildspeed_official)がシェアした投稿

ハン・ソウルオーorハン・ルー

(サン・カン)

今回指揮をとるジャスティン・リン監督の最初の頃の作品『Better Luck Tomorrow』に、サン・カン演じる『ハン・ルー』というキャラがあります。

そのハン・ルーをワイルドスピードに出演させたと語っています。

そして、リン監督が参加しなかった『TOKYOドリフト』でハンがまさかの死亡。ショックを受けたリン監督。ファンからハン復活の熱望もあり、今回脚本家も変わったことも追い風となり、『ハンを復活させるため』再度監督へ復帰しました。

ハンもジャスティン・リン監督も、ワイルドスピードシリーズを大成功に導いた功労者ですから、ファンにとっては嬉しい復活です!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cardi B(@iamcardib)がシェアした投稿

役名不明
(カーディ・B)

人気の女性ラッパーで「ビルボードホット100」の頂点に立った『カーディ・B』(本名:ベルカリス・アルマンザー)の登場も公表されています。

役柄等の情報は何も分かっていません。定番のスターター役ではないか?って話が聞こえてきますがどうでしょう。

本編を楽しみに!

 

その他の出演者

リコ・サントス役の『ドン・オマール』の復帰、プエルトリコのレゲトンのラップ歌手『Ozuna(オズナ)』、ドラマ「アニマル・キングダム」「ピーキー・ブラインダーズ」の『フィン・コール』の初出演なども分かっています。

 

昔から音楽業界から役者として出演する人が多いですね。

 

今回は出演する可能性の低いキャラ

ルーク・ホブス:左(ドウェイン・ジョンソン)と、デッカード・ショウ:右(ジェイソン・ステイサム)

『ワイルドスピード/スーパーコンボ』で主演の「坊主(坊主というより・・)」二人は今回出演しないとコメントしています。

ドウェイン・ジョンソンとヴィン・ディーゼルの不仲は解消されたと、ヴィンがそれらしい事をコメントしていますが、今回は出演しないようです。

僕はジェイソン・ステイサムが好きなので残念ですが、『スーパーコンボ続編』の方を楽しみにしていたいと思います。

 

他には、ミスター・ノーバディ役の『カート・ラッセル』と、リトル・ノーバディ役の『スコット・イーストウッド』も出演予定がありません。

二人がいないのも少し残念ですが、設定上の舞台のスケールが今までと違うのかもしれませんね。


復活して欲しいキャラ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gal Gadot(@gal_gadot)がシェアした投稿

ジゼル・ヤシャール
(ガル・ガガット)

『ユーロミッション』で、ハンの命を救うために、滑走路を走る飛行機から自ら飛び降りました。ジゼルを愛していたハンは傷心、いつか一緒に行こうと話していた東京へ身を置きました。そのハンも、デッカード・ショウに殺されてしまいます。

 

ハンが復活するなら、軍隊出身で能力の高いジゼルが生きていてもいいと思います。ジゼルが死んだためにハンも死んだのであれば、ハンの復活でジゼルも復活ってパターンに期待しちゃいます。

 

ガル・ガガットのファンとしては『ユーロミッション』で悲しい気持ちになりました(泣)ので復活希望!

 

まとめ

ワイルドスピードジェットブレイクのキャスト

引用元:Instagram wildspeed_official

今回のキャスト、いかがだったでしょうか。

 

他にもサプライズが隠されているのか!

 

公開までの楽しみですね。

 

ヴィン・ディーゼルは第1作目の後、『シリーズを続けることが目的となって』作品の評価や価値が下がってしまうことを嫌い、シリーズ化には反対し出演を拒否しました。

 

しかし、ヴィンが製作に関わることを条件に、シリーズ第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』から復帰し、異例の大ヒットシリーズに押し上げました。

 

今回の作品で監督復帰したジャスティン・リンと、妥協を許さないヴィン・ディーゼルのタッグによる、過去最大のスケールに仕上がったという『ワイルドスピード/ジェットブレーク』に要注目です!

 

ワイルドスピードタイトル

公開は、2021年6月25日 (日本公開は8月6日)です。

 

無料動画を見る

所々を見ていない人、ストーリーが分からなくなっている人、まだ1作品も見ていない人、新型コロナで外出を自粛する機会の多い今こそ、ゆっくりシリーズ全編を見るのはいかがですか?

 

今なら1ヶ月無料で見られる動画配信サービスを使うのがよいでしょう。

 

今1ヶ月無料のサービスはいくつかありますが、『ワイルドスピード』シリーズを観るなら下記の2択でしょう。

買い物を良くする人は
⇒『AmazonPrime(アマゾンプライム)』

映画と本が大好きな人は
⇒ 『U-NEXT(ユーネクスト)』

 

Amazon Prime の評価

価格(30日間無料)
(4.5)
作品数
(4.5)
サービスの種類
(5.0)
総合評価
(5.0)
 

 

U-NEXT の評価

価格(31日間無料)
(4.5)
作品数
(5.0)
サービスの種類
(4.0)
総合評価
(5.0)


 

ワイルドスピードシリーズは以下の作品が無料
①『ワイルドスピード』
②『ワイルドスピードX2』
③『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』
➃『ワイルドスピードMAX』
⑤『ワイルドスピードMEGA MAX』
⑥『ワイルドスピード EURO MISSION』
⑦『ワイルドスピード SKY MISSION』
⑧『ワイルドスピード SUPER COMBO』 
※前回作品の『ワイルドスピード8/アイスブレイク』のみ有料ですが、199円追加すれば見られます。

 

ご覧になる場合、とりあえず下記の順番に観てください!

公開順だと時系列が変わります。何も考えず下記の順番で観ることをオススメします。3作目の『X3 TOKYO DRIFT』が6番目に移動するだけです!

  1. ワイルド・スピード(2001)
  2. ワイルド・スピードX2(2003)
  3. ワイルド・スピードMAX(2009)
  4. ワイルド・スピードMEGA MAX(2011)
  5. ワイルド・スピードEURO MISSION(2013)
  6. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006)
  7. ワイルド・スピードSKY MISSION(2015)
  8. ワイルド・スピードICE BREAK(2017)
  9. ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019)
  10. ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020)

僕は「Amazon Prime(アマゾンプライム)会員」(月408円)なので会員特典で何度でも無料で見られます。無料会員も1ヶ月間は画像と同じ無料で何度でも見られます。

 

1ヶ月間、好きなだけ無料で観て解約する方法は、みんなが使う定番の方法ですが、アマゾンが認めているので問題ありません。

 

ただし、この方法はキャンペーン中のみにしか使えませんのでお早めに!

 

 


FireTVstickレビュー記事のアイキャッチFire TV stick を購入し設定してみたレビュー記事!YouTubeも大画面で楽しめる