Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c4531349/public_html/maru-blog1.com/wp-includes/post-template.php on line 317

SPEC【スペック】第8話|「零課ゼロカ」辛の回「魑魅魍魎」

SPEC【スペック】 第8話記事タイトル

志村美鈴(福田沙紀)当麻(戸田恵梨香)にビジョンを使う。

 

当麻は触れられた時、「サイコメトリー」だと気づく。

 

海野亮太(安田顕)が電話をかけてきた飲食店に向かう二人だが、海野は6名の男達で和やかに出て行ったとのことだった。

 

帰り際、当麻は瀬文に「ただの犯罪者じゃないっす。彼らなりに何か目的があって人を殺してた。」

 

その日の夜、美鈴は瀬文に「兄は来週死ぬことになりました。」と告げる。

 

警察が継続して労災で兄優作(伊藤毅)の医療費を負担できないとのこと。

 

月に190万円かかるため、延命をあきらめるという。

 

その頃、野々村係長(竜雷太)は、婦警の正汽雅(有村架純)とデート中。

 

占い師サトリ(真野恵里菜)は、野々村と妻は離婚できないことを告げる。

 

サトリはミショウに現れ、当麻と瀬文、野々村の心の中を読み、保護されている占い師の冷泉俊明(田中哲司)の居場所を突き止める。

 

公安の秘密組織の津田助広(椎名桔平)が冷泉を輸送中、突然サトリが後部座席に現れ、銃声が響いた後、津田は車外に投げ出される。

 

管理官の馬場香(岡田浩暉)は、部下の鹿浜歩(松澤一之)猪俣宗次(載寧龍二)に「何も見るな。聞くな。しゃべるな。」と命令する。

 

当麻は「何者かは分かりません。ただまぁ目的は、資源をめぐる派遣争いですな。」

 

彼らにとって、SPECホルダーはその中でも、世界地図が書き換えられるほどの超レア物件だという。

 

当麻は、サトリの心の中を読む能力への対策を見つけるべく、筆を手に取る。

 

「いただきました」

 

知らない部屋へ連れ去られた冷泉にサトリは

 

「あなたを誘拐した目的をお話します。」

 

「世界各国の要人の寿命を予言して欲しいんです。」

「サブアトラスを書き換えるには、この人達の寿命を書き換えるのが一番ですって。」

 

断る冷泉だが、もうすでにある人物が冷泉を5000万ドル支払って購入しているため、断ると殺されると脅す。

 

シーツの中には山のようなレモンが積まれていた。

 

当麻は冷泉奪還のタイミングを探っているが、サトリに読まれないように瀬文や野々村係長には作戦を話さない。

 

当麻は、極秘情報を知らないSITに「若い女の子の家に、変態の男が立てこもっている」と救出を依頼していた。

 

当麻の作戦を悟った冷泉はお経を唱えて読まれないようにするが、直前で見抜いた見抜いたサトリは脱出する。

 

しかし、想定していた当麻は地下駐車場にいるサトリを見つけて確保する。

 

当麻は、サトリが人の心を読むと膨大なエネルギーを消費して眠くなり、睡魔に勝てないことを見抜いていた。

 

サトリは逮捕。冷泉は、当麻に「ニノマエの自宅」、瀬文に「神の手を持つ男が出没する場所」を教える代わりに、開放を要求する。

 

当麻と瀬文は冷泉を開放する。

 

地居(城田優)は志村優作(伊藤毅)の病室で、志村美鈴の書いた絵を見て何かを思う。

 

当麻は、冷泉からもらった住所(蒲田)に向かう、玄関から出てきたのはニノマエの母親の一 二三【にのまえ ふみ】(篠原恵美)

 

そして2階から降りてきたニノマエ(神木隆之介)が顔を出す。

 

瀬文も冷泉から書いてもらった場所へ向かう。

今回放送のあらすじ

瀬文焚流(加瀬亮)は、占い師の冷泉俊明(田中哲司)から聞いた場所へ向かう。

 

部屋の中には、野球少年が素振りをしていた。

 

しかし、何者かが少年の体を借り、大人の男性の声で話す。「ヒーラーはすでにここにいない。」「ヒーラーに会いたければ我々の条件をクリアしろ。お前たち公安の、裏の特殊部隊を率いる津田助広(椎名桔平)を引き渡せ。」と要求する。

 

津田らは特殊能力を持つ人間を次から次へと殺しているという。

 

瀬文はヒーラーが志村優作(伊藤毅)の命を救ってくれるなら条件を飲むと返事する。

 

証拠を見せるから、「午後7時に赤羽の中塚翠涛(すいとう)記念病院3階の7号室に来れば分かる。」と言って消える。

 

その頃、当麻はニノマエの自宅前で銃をニノマエに向けていたはずが、ビルの屋上にいた。

 

ニノマエ

「母さんを巻き込むことはねぇだろ!」

 

当麻

「あんたの母さんを巻き込まねぇよ。あたしを舐めんな。おとなしく自首しなさい」と銃を向ける。

 

そして「誰に脅されてんの。まさか、お母さんを人質に?」

 

黙るニノマエ

「分かった。あたしが命をかけてあんたの母さんを守る。あたしを信じて。」

 

ニノマエ

「君が僕の家族を皆殺しにしたんじゃないか。爆弾魔のくせに説教なんて。」

 

驚く当麻に

「マジうざい。死ね!」

指パッチン!

 

次の瞬間、当麻はビルの屋上から地面へと落ちて行った。

 

眼を覚ますと自分の部屋で眠っていた。貧血で倒れていたと。

 

「どうして?・・」

 

ミショウでは、野々村係長(竜雷太)の所に、正汽雅(有村架純)猪俣宗次(載寧龍二)が仲人のお願いに来ていた。

 

その夜、瀬文が言われた病室へ行くと、EXILE風の男達が5人現れる。

 

病を治す男ヒーラーEXILE NAOTO(NAOTO)を含む5人だった。

 

5人が「choo choo TRAIN」の曲に合わせて踊る。最後に気を送ると、重病の男の子は一瞬で元気になった。

 

以前、瀬文にぶつかって来た女は、ただのメッセンジャードールであったという。

 

力を目の当たりにした瀬文は津田の身柄を引き渡す条件を飲む。

 

津田助広(椎名桔平)は闇の医者に治療を受けていた。防弾チョッキを着ていたのだ。

 

志村美鈴(福田沙紀)は、兄の病室にいつも置いてあるお見舞いの「たこ焼き・築地銀だこ」に触れた時に観たビジョンで、瀬文が話していることが本当だと初めて知り、申し訳ない気持ちでいた。

 

その頃、瀬文は津田のことを調べ始めていた。

 

渡辺 麻由人(30:遠藤雅)という、フリーライターで元警察官(防衛省防衛局調査官)、現在も零課(ぜろか)の関係者(まだ瀬文は知らない)の存在を突き止め接触する。

 

仕事を休んでいる当麻へ野々村係長から電話が入る。

 

瀬文の荷物が片づけられて辞表が置かれているといい、当麻は瀬文の強い決意を感じ力になろうとする。

 

渡辺に接触した瀬文は「零課(ゼロカ)」の事を聞く。公安の特務課で政府の1部の人間しか知らない秘密の組織であり、津田助広(椎名桔平)が指揮官だが、最近「冷泉(田中哲司)を奪おうとする組織」に撃たれたと言う。

 

零課は「サブコード対策」として数年前から水面下で動いてきたことを知る。

 

渡辺が瀬文が接触したことを知った津田は、二人と未詳事件特別対策課(ミショウ)の処分を部下に命じた。

 

その後、渡辺の死体が発見され、渡辺の手帳の内容から瀬文が重要参考人にされてしまう。

 

心配して電話を入れる当麻。

 

瀬文は当麻に「おまえと出会えて良かった。と、たまに、まれに、一瞬思う。」と感謝の言葉を返す。

 

ニノマエ家に向かった当麻だが、家の中は荷物も家財も全て空っぽだった。「証拠隠滅のつもりか?あの野郎」

 

その頃、ニノマエは新居へいた。母は何が起こっているのか息子の十一(ジュウイチ)へ問うが、突然現れた男(?)に記憶を書き換えられてしまう。

 

学校の担任によると、急に来なくなったとのことで手がかりは見つからない。

 

津田の身柄の引き渡しの条件を飲んだ瀬文の前に、女性の姿を借りた謎の男が赤い車でやってくる。

 

津田が隠れている場所は・・

 

そして車の後部座席に突然現れたのは何と・・・

そして

今回登場の主なキャスト

当麻沙綾(トウマ サヤ)ー戸田恵梨香

瀬文焚流(セブミ タケル)-加瀬亮

一 十一(ニノマエ ジュウイチ)ー神木隆之介

志村美鈴(シムラ ミレイ)-福田沙紀

地居 聖(チイ サトシ)-城田優

一 二三(にのまえ ふみ)ー篠原恵美

志村優作(シムラ ユウサク)-伊藤毅

野々村光太郎(ノノムラ コウタロウ)-竜雷太

正汽 雅(マサキ ミヤビ)-有村架純

当麻葉子(トウマ ヨウコ)-大森暁美

津田助広(ツダ スケヒロ)ー椎名桔平

若手刑事:猪俣宗次(イノマタ ソウジ)-載寧龍二


 

一 二三 二三(にのまえ ふみ)ー篠原恵美

NAOTOー(ナオト)ーEXILE  NAOTO

渡辺麻由人(わたなべ まゆと)-遠藤雅

ブブゼラリーマンー①辻本耕志(フラミンゴ)②吉田ウーロン太

今回の感想・口コミ

遂に「病を治す男」=ヒーラーが現れましたねー!

 

EXILE NAOTO!一応他の4人もヒーラーのようですね。

 

瀬文を治した時の女性はメッセンジャードールってことですが、「choo choo TRAIN」踊って、力を女性に託したってことなのかな?

 

最後「かめはめ波」かな。

 

ちなみに瀬文に渡したCDは「EXILE CATCHY BEST」でした(笑)

 

これで、瀬文は志村を助けられるかもしれません。

 

当麻と対峙したニノマエ(神木隆之介)は、当麻がニノマエの家族を殺したと言いました。

 

しかし、当麻は寝耳に水の様子でしたね。

 

どうやら食い違っています。

 

ニノマエは当麻を家族の敵。当麻は、ニノマエのお母さんを守る代わりに、自首を強要。

 

ニノマエは何らかの人物や組織に利用されている感じがしてきました。

 

当麻も、ニノマエに脅されているのか?と聞いていますからね。

 

このことですが、途中でニノマエの母親の記憶を書き換えるSPECを持つ人物が出てきましたから、もしかして当麻は記憶を書き換えられている可能性があります。

 

そうなるとニノマエも。

 

「指パッチン!」いいですね。神木君はまり役です。

 

涼し気でいて、どこか影のある雰囲気がまたいい。

 

もう芸歴25年ですが、変わりませんよね!

 

踊る大捜査線レインボーブリッジを封鎖せよ!」を何回か観ましたが、スリ家族の長男役の頃はまだ子供だったよなーって思うけど、このドラマが放映されたのは10年前なんですね。

 

⁉10年前から神木君あんまり変わっていない説です。

 

神木隆之介君は好きな俳優さんのひとりです。

 

戸田恵梨香さんもあまり変わっていない気がします。

 

実際は役と反対で、めっちゃ家庭的、料理上手・気配り上手で有名らしいです。

 

この二人の行方はどうなるやら。

 

零課は国会議事堂の中にあるという、とんでもない設定(実際あるかも?)でしたが、いよいよ大きな権力の正体が明らかになってくるのでしょうか。

 

ん~、あと2話で話が収束するんでしょうか?

 

さて、SPECで採用されている曲なんですが、主題歌は『THE RiCECOOKERS(ザ・ライスクッカーズ)』の「NAMI no YUKUSAKI」

 

THE RICECOOKERSは2004年にアメリカで結成された日本人4人のバンド。

 

ドラマバージョンと英語バージョンの動画を掲載しておきます。

 

ドラマバージョン

 

んで、英語バージョンです。

 

どうぞ。

次回の展開予想

ニノマエが何らかの組織の言いなりにならざるを得ない状況にあることが分かりました。

 

今回は後半に色々と凝縮されていたので、次回の展開予想が書けない(ネタバレする)ですが、零課の存在を知ったミショウメンバーと、零課の直接対決が近いのか。

 

知られた零課はミショウを放っておかないでしょう。

 

あと2回で完結するとなれば、展開が目まぐるしく変わっていくかもしれません。

 

次回も楽しみにしましょう。

 

次回も楽しみです。

 

『SPEC』全10話はコチラから見れますよ~!しかも31日間の無料お試し期間もあって、すぐに解約も可能です!だから無料で見れます。