Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c4531349/public_html/maru-blog1.com/wp-includes/post-template.php on line 317

SPEC【スペック】第3話|林実さん連続警察沙汰事件| 丙の回「漂白の憑依者」

SPEC【スペック】第3話記事タイトル

警視庁公安部未詳事件特別対策係=通称:ミショウ

 

に、神父の大島優一(佐野史郎)が相談にやってくる。

 

死刑囚の話を聴く教誨師(きょうかいし)のボランティアをしていて、死刑囚の桂小次郎(36:山内圭哉)が、ある時に自称「神の眼」と呼ぶ「千里眼」を持った。

 

桂は、いい加減な操作をしている「警察に挑戦する」と言っており、指定する過去の事件の犯人を24時間に逮捕しないと、留置場から裁きを下すと伝える。

 

その事件とは『青山華道家死体なき殺人事件

 

華道家の鬼門拓也(30:滝藤賢一)が、アトリエに血痕(けっこん)だけ残して行方不明になり、失踪事件として終結していた。

 

当麻と瀬文は、妻の鬼門真理子(34:森脇英理子)、鬼門の片腕でもある鬼門流華道会専務の板野貞雄(35:斎藤工)と、愛弟子の松井和生(34:岡田義徳)を調べる。

 

当麻は、板野のアリバイのウソを見抜き逮捕し、桂に伝えに行く。

 

ところが、桂は勝ち誇る当麻たちに「犯人はもうひとりいる」「ルール通り」と、共犯の鬼門真理子(34:森脇英理子)松井和生(34:岡田義徳)に殺させる。

 

その夜、桂の独房へ突然やってきた津田助広(椎名桔平)。

 

特殊能力による犯罪を無くすために秘密裏に動いていることを明かす。

 

桂は特例で死刑執行されてしまう。

 

直前、桂の前に現れるニノマエ(神木隆之介)

 

神父の大島の前の前に現れる謎の男二人。

今回放送のあらすじ

行きつけの中華料理店でいつもの餃子を食べている当麻紗綾(戸田恵梨香)の所へ、元彼の地居聖(城田優)が顔を出す。

 

当麻は「情報が操作されている」とつぶやく。

 

一方、瀬文焚流(加瀬亮)は、意識不明で入院している部下志村優作(伊藤毅)の担当医である海野亮太(安田顕)から「取り引き」を持ちかけられる。

 

海野「神の手って知ってますか?」「志村さんを治せる医者がね・・いるかもしるらしいんですよ」

 

瀬文「本当ですか」

 

海野「分かりません。科学者としては信じたくない。」「細胞を再生する能力を持っている人」

そして「瀬文さんの部署にはそういった人のデータがあるはずだ」

 

そのデータを見せて欲しいと、志村に交換条件を持ちかける。

 

志村は「それは望みの薄い相談だ」と席を立つが、安田は自分が「神の手を持つ男」に会ったことがあり、自分自身を治してもらったと話す。

 

瀬文は夜道を歩きながら「そんなことがある訳ねぇだろ!」と壁を蹴る。

 

その瞬間だった。

 

『ホントだったらどうする?』

 

女性の声がしてぶつかった。

 

負傷し三角巾で吊っている左腕をかばう。「?」何かがおかしい。骨折した左肩の痛みが消えている。

 

顔を上げる瀬文。しかし、そこには誰もいなかった。

 

公安の秘密組織の津田助広(椎名桔平)は、冷泉俊明(田中哲司)に未来を当てたら釈放する条件で占わせる。

 

「未来は絶対だ」と冷泉が渡した地図にはガソリンスタンドが描かれている。

 

公安上層部よりミショウの二人に張り込みを命じられる。

 

張り込みの対象も知らされず、文句を言いながら地図の場所へ向かう二人。

 

瀬文の左肩は完治し元通りになっている。

 

対象すら分からず地図の場所に着くと、アルバイトの武藤純(23:清水優)が突然ガソリンを客のバイクにかけ始め、止めに入った店員や、かけつけた当麻にも浴びせる。

 

そしてジッポー(ライター)で火を着けようとした瞬間、止めに入った瀬文が取り押さえ、大惨事は免れる。

 

取り調べ中に、武藤は「このバイト君には罪はないんよ。私が憑依(ひょうい)してイタズラしてるだけやねんから」と、京都弁で話し出しが、警察が信じないため、林実(正名僕蔵)巡査に憑依して見せる。

 

そして、「そや、うちの能力を証明するために、これから林実(はやし みのる)という人に、片っぱしに憑依して見せたろ、なっ」と宣言し姿を消す。

 

当麻は興味津々だが、瀬文は全く信じていない。

 

公安の取り調べの結果、供述にウソはないことと、二人の共通点は、京女の托鉢僧(たくはつそう)を見たことが分かった。

 

二人目の林実校長(森富士夫)は、聖信女子高等学校の校長。校門で憑依され、次々と女子生徒のスカートをめくり、現行犯逮捕。

 

三人目の林実(吉見一星)は原宿のヘアサロン「chateau de MINORU HAYASHI」の美容師。客(牧野ステテコ)の髪ををありえない髪型にしてしまう。

 

その後も北海道から鹿児島まで「連続改札沙汰事件」が多発する。

 

しかし、マスコミは憑依を信じている報道はしていないため、警察に挑戦状を送ってくる。

 

警察がいつまでたっても信じないため「48時間以内に、うちをつかまえられない時には、マスコミに対して憑依する能力を発表する」という。

 

上層部は、「そんなことをしたら、全てが憑依のせいにされてしまう」「法治国家の根幹を揺るがす事態になる」と、必ずミショウで解決しろと命令する。

 

ミショウが動き出すが、ついに慶徳大学医学科教授でips細胞研究の第一人者の中山和紀(山浦栄)教授が助手で愛弟子の林実(37:村杉蝉之介)に殺害される事件が起きてしまう。

 

当麻が書道具を出す。半紙がない・・

 

中山教授のプリントアウトした論文に文字を書き始める。

 

「警察官の林実」「托鉢僧の女」「校長の林実」「美容師の林実」「大阪の林実」「助手の林実」「論文」「うっ血」「防御創」「左手で拳銃」

 

細かく破いて紙吹雪に。

 

「いただきました」

 

「犯人は・・」

 

 

ラスト、またしても現れるニノマエ。

 

その姿をハッキリと見た当麻は・・

 

兄に触れた妹の美鈴のビジョンを聞いた担当医の海野。

 

美鈴が見た人物とは・・

今回登場の主なキャスト

当麻沙綾(トウマ サヤ)ー戸田恵梨香

瀬文焚流(セブミ タケル)-加瀬亮

一 十一(ニノマエ ジュウイチ)ー神木隆之介

志村美鈴(シムラ ミレイ)-福田沙紀

地居 聖(チイ サトシ)-城田優

近藤昭男(コンドウ アキオ)-徳井優

正汽 雅(マサキ  ミヤビ)ー有村架純

志村優作(シムラ ユウサク)-伊藤毅

野々村光太郎(ノノムラ コウタロウ)-竜雷太

津田助広(ツダ スケヒロ)ー椎名桔平(特別出演)

海野亮太(ウンノ リョウタ)ー安田顕

餃子ロボ親父(ギョウザロボ オヤジ)ー多田木亮佑

〃店主妻アラータ(アラータ)-安藤絵美

冷泉俊明(レイセン トシアキ)-田中哲司

巡査:林実(ハヤシ ミノル)-正名僕蔵

管理官:馬場香(ババ カオルー岡田浩暉

係長:鹿浜 歩(シカハマ アユム)-松澤一之

若手刑事:猪俣宗次(イノマタ ソウジ)-載寧龍二


 

武藤純(ムトウ ジュン)-清水優

林実①(ハヤシ ミノル)-森富士夫

林実②(ハヤシ ミノル)-吉見一星

林実③(ハヤシ ミノル)-

美容室の客ー牧野ステテコ

コメンテーター森永卓郎(モリナガ タクロウ)-本人

アナウンサー岡村仁美(オカムラ ヒトミ)-本人

托鉢僧(タクハツソウ)-おおつか麗衣

今回の感想・口コミ

瀬文に「神の手」を持つ男の話をした海野。

 

狙いは何なのか、SPECの持ち主なのか、敵か味方か気になるところです。

 

そして、突然現れて瀬文の左腕を一瞬で完治させた謎の女。

 

次から次に特殊能力を持つ人間が出てくるので面白いです。

 

サイボーグ009」のようでワクワク感がありますね。古いかな。

 

野々村係長と雅ちゃんは、相変わらず見ていて楽しそうですが「妊娠疑惑⁉」

 

係長、70代でまだまだ現役なんてすごくないですか。

 

さて、今回は憑依するSPECホルダーの登場で、どこにでもありそうな名前の(ごめんなさい)林実さんが被害に被害にあいました。

 

「連続警察沙汰事件」と命名され、

杉並 校長先生がスカートめくり

原宿 美容師がオーダーを無視

大阪 子供用サンダルを強盗

札幌 牧場主を騙して牛を放牧

沖永良部島 日本一のガジュマルの木に落書き

 

っていったい。

 

テレビ画面に、森永卓郎さんと岡村仁美さんが出てます。

 

「警視総監の娘婿の名前が林実だから巻き込まれないようにしろ!」とか設定強引。

 

 

 

そういえば、今回の話から瀬文が当麻の行きつけの中華料理店で夕飯を一緒に食べたり、係長に「お疲れ山(やま)です」って言ったり、瀬文君は少しづつ努力している姿が微笑ましいです。

 

当麻紗綾は髪もボサボサでガサツですが、意外にもオシャレには人一倍こだわりがあるそう。

 

犯人の前で「えへっ」っと見せた表情は可愛いのに「キモッ」って言われてました(笑)

 

そして、餃子のUSBメモリーいいですね。

 

犯人に対し「あたしの考えを言っていいですか?」「ミステリーはここが長いんですよね」っておい!(笑)

 

最後まで犯人が分かりにくい流れでしたし、見つけ所が多く面白かったです。

 

途中、野々村係長の「左利き?」がヒントだったという話でした。

次回の展開予想

ついにニノマエの姿を目にした当麻紗綾。

 

「ニノマエ・・」鋭い目でにらみつける当麻。

 

因縁の相手だと分かります。

 

いよいよ直接対峙する時が近付いているようです。

 

当麻の大怪我を負った左腕と関係があるのでしょうか。

 

当麻の両親と弟の死に関係しているのでしょうか。

 

そして、志村美鈴が見た、兄が知ってかもしれない人物達との関係は・・

 

海野は兄が撃たれ事件が関係しているのではないかと言ったが真相は。

 

津田に追い込まれる冷泉の運命はどうなるのか。

 

冷泉としては、能力を証明したので釈放されるのが筋ですが、津田は簡単に放してくれそうにない。

 

これは約束を守って欲しいところでありますが。

 

津田は冷泉を使って、他のスペックホルダーを一網打尽にしようと腹ですね。

 

直接動くより、遠隔で能力が使えるSPECホルダーが多いので、瀬文の腕を治したSPECホルダーは、ぶつかった女性ではないのかもしれませんね。

 

 

次回登場するSPECホルダーはどんな能力を持っているのか楽しみです。

『SPEC』全10話はコチラから見れますよ~!しかも31日間の無料お試し期間もあって、すぐに解約も可能です!だから無料で見れます。