通行区分違反 編|今さら聞けない道路交通法

像が並んで歩いている

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

こんにちは!マルです。結構、知らない人が多いんじゃないかなー

一般道にも車が走る車線が決まっているって知っていますか?

「そんなの知ってるよ」というあなた

  • 走行車線
  • 追越車線

一般道で、上の2つの車線をきちんと説明できない人は、1分で分かる当記事を読み終えたら覚えられますよ。

通行区分違反★★★★

ハンドルを握っている場面のアップ

  • 違反点数=2点
  • 反則金=普通車9,000円

歩道と車道がある場合は『車道』を走らないと違反にあたります。

他にも下記のような場合が該当しますよ。

  • 一方通行を逆走
  • 右折車線から左折など

また、複数斜線がある場合は『中央より左側の車線』を走行しなければなりません。

2車線の場合は、左側が『走行車線』、3車線の場合は『1番右側以外の車線』となり、左側と中央の車線が走行車線です。

 

右側の車線は『追越車線』になり、速度に応じて追越をする場合のみ走行できます。追越を終えたら速やかに左側の車線へ、必ず合図を出して車線変更となります。

 

走行距離や時間は明確に定められていませんが、追越車線を1,5~2km以上走行すると『通行区分違反』で検挙される可能性が高いとも聞きます。



青いパトカーのミニカー

パトカー(覆面パトカーを含む)が、速度超過と思われる車両を見つけた場合、追尾して速度を計測するには条件(警察の内規)があります。

  • 高速道路では約50mの車間を保持し、測定開始から測定終了まで約300mの間を追尾すること
  • 一般道では約30m間隔で約100m追尾すること


高速道路では、おおよそ120km以上で走行する車両が対象にされると思いますが、まず後方や横について、『赤色灯(回転灯)を点灯』して『計測を開始』します。

 


計測が完了するまでにかかる時間はおおよそ8秒前後

 


警察車両も同じスピードを走るので『赤色灯』を点灯しないと『速度超過』になるので、必ず点灯しなければなりません。

注意すべきは赤色灯の規定

  • 屋根上
  • フロントグリル内


とされているため、計測開始の段階では『
気づきにくい』ことです。


途中から屋根上の回転灯を点灯します(他の車両への安全への配慮)が、後方のパトカーに気付いた時は遅いのです。


気付いてブレーキを踏んでもダメな場合がほとんどです。(高速走行中のブレーキ自体が危険な行為)それを見越して、パトカーも距離を取っています。

 

左側の車両に移る場合、慌てて『方向指示器』を出さなかった場合は『合図不履行違反』も追加されます。

スピードの出し過ぎに注意しましょう。

MEMO
追い越しのために、一時的に短い距離において速度を上げるのは大丈夫ですが、追い越し後は速やかに左車線に移らないと違反となるので注意。