田口久人氏・魔法の言葉「ありがとう」の語源

 

魔法の言葉

インスタグラムで人気の田口久人さんの言葉です。

僕も「ありがとう」の言葉には、公私共に何度も救われてきたと思います。

ありがとう」は「感謝」の気持ちを言葉に表したもの。

上手くいかない人間関係が続いていても、1つの「ありがとう」がそれまでの互いの雰囲気を一変させてしまうこともあります。

いくら疲れていても、ストレスを感じていても、1つの「ありがとう」が吹き飛ばしてくれます。

大切な人からの「ありがとう」は、「癒し」を与えてくれ「エネルギー」となります。

ありがとう」と言えた後は、「清々しい」、「温かい気持ち」になれます。

まさに「魔法の言葉」です。

ありがとうの語源は仏教

よい機会なので「ありがとう」の語源を調べてみました。

所説ありますが時代を考慮すると語源は「仏教」からのようです。仏教の仏説譬喩経(ぶっせつひゆきょう)の中にある「盲亀浮木(もうきふぼく)のたとえ」という話からきています。

盲亀浮木(もうきふぼく)のたとえ

あるときお釈迦様は、弟子の阿難(あなん)に尋ねます。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/eye-333499_640.jpgお釈迦様

そなたは人間に生まれたことをどう思うか?

と尋ねられました

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/monk-2636642_640-e1580793478553.jpg阿難(あなん)

はい、大変喜んでおります。

と答えると

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/eye-333499_640.jpgお釈迦様

どのくらい喜んでいるか?

と聞かれます。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/monk-2636642_640-e1580793478553.jpg阿難(あなん)

・・・

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/eye-333499_640.jpgお釈迦様

たとえば大地ことごとく大海となるに、一盲亀あり。
いのち無量劫なり、百年に一たびその頭を出す。
海中に浮木あり、ただ一孔のみあり、海浪に漂流し風に随い東西す。
盲亀、百年に一たびその頭を出し、まさにこの孔にあうを得べきやいなや

(訳)
果てしなく広がる海に目の見えない亀がいる。この盲亀が百年に一度、海面に顔を出すのだ。

広い海には一本の丸太棒が浮いている。その丸太の浮木には小さな穴がある。その丸太棒は、波のまま、風のままに、西へ東へ、南へ北へと漂っている。

阿難よ、百年に一度だけ浮かび上がり海面から顔を出すこの亀が、浮いている丸太棒の穴にひょいと頭を入れることがあると思うか?

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/monk-2636642_640-e1580793478553.jpg阿難(あなん)

お釈迦様、そのようなことは到底ありえません!

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/eye-333499_640.jpgお釈迦様

絶対にないと言い切れるか?

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/monk-2636642_640-e1580793478553.jpg阿難(あなん)

何億年かける何億年、何兆年かける何兆年の間には、ひょいと顔を入れることはあるかもしれませんが、無いと言ってもよいくらい難しいことです。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/02/eye-333499_640.jpgお釈迦様

ところが阿難よ、私たちが人間に生まれることは、この亀がひょいと丸太棒の穴に頭を入れることがあるよりも難しいこと。有り難いことなんだよ。

と、お釈迦様は教えておられます。

滅多にないことの意

有り難い」という言葉は「有ることが難しい」=「めったにない

ことを言い、私たちが人間に生まれてくるのはそれほど難しいことを意味しています。

人間に生まれてきたこと、それだけで大変喜ばしい出来事なんですね。(ちなみに僕は仏教徒ではありません)

1日1回の「ありがとう」

ありがとう」の言葉をかけてもらって嬉しくない人はいないと思います。

ありがとう」は人を幸せにします。

ありがとう」は「感謝の気持ち」です。

感謝の気持ち」は思っているだけでは誰にも伝わりません。

ありがとう」を声に出して伝えることが大切です。

ありがとう」を1日1回でも皆が使えば、今よりもみんなの幸せが増えるでしょう。

ありがとう」僕もこの言葉をもっと大切にしていきたいと思う。