Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c4531349/public_html/maru-blog1.com/wp-includes/post-template.php on line 317

中古車査定は事故歴の基準によるため査定士のいる会社に頼もう

1 禁句を口にすると査定額が下がってしまう⁉︎

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

こんにちは!マルです。マイカーもそろそろ考えなきゃって調べていたら、知っていないと損する情報を見つけたよ! 言っちゃいけない「禁句」これは知ってた方がいいです。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

イルカでしょ、どこで車に乗ってんの?(笑)

ネットで色々マイカーの無料査定をしていたら、大手ショップの公式ブログの記事が、お客さん目線の『とっても親切でタメになる』内容だったのでお伝えしていこうと思います。

損しない売り方、高く売れるタイミング、賢い車種選び、とても上質な記事が多くて驚きました。

そこで驚いたのが、査定をしてもらう時に安易に口にしてはいけない『禁句』かわあるという話です。

それは『事故車』という言葉です!

なんだって思うでしょうが、事故車は事故車でも、自動車業界において『事故車』とは、過去に事故をしていても車が『ある条件』にある場合でなければ『事故車』と扱われないのです。

ですから、軽い事故で修理をした経験があっても、該当しない場合は『事故車』と口にしない方がいいのです。

現段階で聞くとややこしいと思いますが、事故をした事を隠しなさいというのではありません。

事故車』という単語の意味を知れば、該当する場合を除いては『使いたくなくなる』ということです。

うっかり口にして『お客様がそうおっしゃったので減額査定』なんてことにならないように知っておいた方が良いです。

内容パクリになりますが、もう僕自身の知識となったので、ピックアップしてお伝えしていきます。

自動車関連って、素人の僕たちからすると良く分からない、『グレー』な部分がありますよね。

専門的なことを説明されて、何を聞いていいのかも分からず、提示されるがままの金額を支払ったり、車や代金を受け取ったりと。

実際、関係者から聞いたことがありますが、『グレー』なショップもあって、専門的なことが分からなそうな方、特に女性や高齢者などは知らない内に損をしていることもあるらしいです。

今回の話は、その辺りを利用されるのを防ぐ内容でもあります。

また、急がなくていい修理や売却などの際は、見積もりをもらって、家族に相談する旨を伝えるのが賢明かもしれません。

「なんだ、知ってるよ」って方はさらっと読み飛ばしてください。

2 事故車の認識のズレが損を招く

自動車販売店の査定士が普段使用している中古自動車査定基準では、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」 と規定されている。

僕たちが一般的に言っている『事故車』と、査定士の言う『事故車』は違うらしいんですね。正式には『修復歴車』といいます。

査定に関係するのは『修復歴車』です。

このズレが、車を売る時に『損を生み出す』というのです。

それは、査定に影響する『修復歴車』に該当しないのに、中古車買取会社の人に聞かれて『事故車』と口にしてしまうと、実際の買取相場より『安い』金額を提示されることがあるからです。

査定士が調べれば『修復歴車』かどうか分かるとは思いますが、『事故車』って聞けば『下げる理由』ができますから。

こちらから、『下げてくださいっ』て言っているようなものなんですね。

ポイント!

『修復歴車』でなければ『事故歴がある◎』と言うのは良いが、『事故車×』とは口にしないこと。

修復歴車の定義

修復歴車の定義

引用元:日本自動車査定協会 東京都支所

日本自動車査定協会(JAAI)』という公的機関(全国52ヶ所)で、査定の基準や査定士の資格の認定などを行っているんですね。

ホームページが結構おもしろくて、ためになりますよ。素人でも査定の手順や、見るべきポイントなども学べます。

例えば、事故により車体に傷を受け修理をした場合、上記図の番号が振ってある『骨格部分』に傷があったり、修復歴があれば『修復歴車』です。

車体の骨格にあたる部分だけになります。

『事故歴』と『修復歴車』に分けられる

反対に、この部分以外に軽度傷や修復歴があっても、修復歴車(いわゆる事故車)には扱われないということです。

ガードレールで擦った傷、ブロック塀にぶつけたへこみ、バンパーやドア部分などを交換した場合、これは『事故歴』と言って『修復歴車』とは区別されます。

※程度が大きい場合はそうでありません。

基本的に査定に関係するのは『復歴のみ』です。

3 もらい事故で査定額が下がっても泣き寝入りなの?

事故車をレッカー中

停車中に後方から追突された場合など、10対0で相手側に過失があるケースでは、相手側の保険会社の全額負担で修理はできます。

しかし、新車だったら『新車なのに・・下取り査定はどれくらい下がるんだろう(泣)』ってことに。

保険で賄(まかな)われるのは、治療代・修理代のみで、査定額が下がった分までは含まれていません。

調べたところ、一般的に100万円が売値の相場の時、30~70%の減額(半数以上は50%減)となるので、30~70万の買取額となるようです。

結構な減額です・・・

修復後、見た目には分からくてもプロの

  • 整備士
  • 板金工
  • 査定士

が見れば分かり、見逃されるのは全国の中古車で数%程度。

事故で車両の評価が下がってしまうことを『評価損』または『事故落ち』と呼び、その程度に応じて減額されることになります。

事故前の車両の価格相場が不明なので、事故でどのくらい価格が下がったか、保険会社では正確に知ることができないため、双方の保険会社とも関与したがらないのが事実。

そこで、『日本自動車査定協会』の出番です。

『事故減価額証明書』

下がった価格を証明するものとして効力があるのが、『日本自動車査定協会』が発行する『事故減価額証明書』です。

照明するものがあれば、相手側の保険会社も認めなければなりません。

これには条件があり、申請すれば全て査定してもらえる訳ではありません。

「自動車安全運転センター」が発行する『交通事故証明書』が必要です。

事故減価額証明書

引用元:日本自動車査定協会 東京支所

事前に、自分の保険会社の担当者へ相談し『事故減価額証明書』を申請することを話しましょう。(※100%相手側が認める保証はありません)

有料ですが、減額の大きさから考えると安いものかもしれませんね。

車両持込査定の場合=10,000円+税

出張査定=上記+3,000円

事前に電話予約になります。車両持込(東京都支所の場合)の場合は持込日に査定、 出張査定の場合は、後日訪問する予約になります。全国の52都市にありますので、お住いの地域の支所へ連絡しましょう。

1
査定協会に電話で問い合せる
・事故の部分の大きさを説明
・査定日時を予約
2
車両持込&出張査定
(必要なもの)
・自動車検査証
・修理見積書(コピー)
※通常30分程度
3
郵送
・後日郵送にて『事故減価額証明書(A4)』 が郵送されてくる

この手続きをすることで、何十万円もの差がつくかもしれません。

事故の際は、すみやかに警察へ連絡をして、所定の手続きを取ります。

ドライブレコーダーの動画の保存』や『スマホで事故後の写真を撮る』など、できることは行いましょう。

不要な修理をしない

不要な修理をしてしまったため『修復歴車』になり、売る時に査定が下がってしまった。なんてことにならないように、修理の際は一息ついて考えましょう。

特に、もらい事故の際は手出しがないからと、つい修理工場の方の勧めに乗ったり、『ここもついでにキレイにしておきましたよ』って、『骨格部分』を修復してしまわないように。

あと、傷跡消しのためペンで塗るのは、返って目立ってしまい、修復費用(その分減額)がかかる場合があります。

4 高く売りたいなら海外へ輸出している買取会社に査定を依頼

白い走行中の4WD

ポイント的には、ここが最も簡単で価格に差が出るところです。

日本の中古車の半数は海外に輸出されるそうですが、多くの中古車買取会社は、国内の『オークション』など、国内流通がメインで販売して利益を上げています。その場合『経費』などの中間コストがかかります。

しかし、海外輸出だけで運営している買取会社であれば、『中間コストをカット』できるため、買取価格が一般の買取会社より高く買い取れます。

さらに、日本車の海外市場は、日本の流通経路より高値で取引されているので、理屈的に高額で買取されるのは当然というのがカラクリなんですね。

海外の場合、事故車でも修理が完了していれば『日本車』というだけで信頼度が高いため需要が高い現状にあるようです。

海外の需要は、ワンボックスカー以上の衝突安全性の高い自動車がメインのようですね。

買取会社も広告を出していたり、メディアに紹介されるような、健全な運営をしている会社なら安心です。

普通車を売りたいと思っている人は、ネットから査定無料なので、1度査定額の違いを確認してもいいと思います。

5 まとめ

  1. 修復歴車』を理解する
    事故車=修復歴車
  2. 安易に『事故車と口にしない』
    事故をしたが事故車に該当しない=事故歴
  3. もらい事故後は『事故減価額証明書を活用する
  4. 高く買い取って欲しいなら『海外へ輸出している買取会社』を選ぶ

『知らないと損する』『知っていると得する』話でした。

まだまだ、車種別の買い方・売り方、売る時の査定金額を考えた買い方、選ぶ色やグレードなど、興味深い情報がたくさん書かれていましたが、今回はこの辺にします。

これからも車は生活に欠かせない消耗品です。

残りの人生で、あと何度か買い替えることがあると思います。

プロのスタッフの話では、ポイントを押さえた買い方をするだけで売る時に30~40万円の違いが出るそうです(衝撃)。

積もれば大きな金額(新車1台買えるかも)になりますよ。

こういった事を知っているだけで、より暮らしが豊かになりそうです。

宅配買取は高額査定|おすすめショップ一覧|ジャンク品もオーケー