指定場所一時不停止等 編|今さら聞けない道路交通法

一時停止の記事のアイキャッチ

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

こんにちはマルです!一時停止、きちんと守れている自信がありますか?

客観的に、一時停止がきちんと守れているドライバーは半分以下くらいではないでしょうか。

「ちゃんと止まってる!」と思っている人。止まっていますか?

よーく思いだしてみてください。完全に止まっていますか?

 

ちょっと不安になってきた「あなた

本記事は1分で読み終えて『一時停止』の基準を覚えることができますよ。

 

指定場所一時不停止等&踏切不停止等 ★★★★★

運転性でハンドルを握る犬

  • 違反点数=2点
  • 反則金=踏切不停止等(普通車9,000円)指定場所一時不停止等(普通車7,000円)

一時停止は何秒必要なの?

明確な秒数は規定されていませんが、要は『車両が完全停止』すること。

 

見ていると完全停止している車の方が少ないように思います。中には、ブレーキすら踏まない車がいます。

 

停まった状態で前方左右の確認が必要です。

 

踏切はより重大事故につながります。窓を開けて『』の確認も基本です。

踏み切りも同じく完全停止をしなければなりません。

 

以前、警察関係者に伺った際には

 

  • 2秒』=時計の秒針で
  • ゆっくり3秒数えるくらい停止していれば大丈夫』

 

との説明でした。

 

車体が少しでも動いていれば完全停止とは見なされません。

 

ですから、2秒以内の停止では、違反とされても文句が言えません。しっかり停止して左右確認しましょう。

 

 

MEMO

数えるのが早くなると2秒に満たないため、3秒数えるくらいが実際はちょうど2秒になるので3秒数えなさい、と教えられました。

 

一時停止をする理由は?

事故が多いからです。一時停止をしない車両が事故を起こしている事実があるからということです。

 

そもそも一時停止をしようとしないドライバーは『心のゆとりがない』ため、左右の確認がいい加減になります。

 

そして、いつか取り返しのつかないことに・・・




そうならないためにも、今日からしっかり守っていきましょう。

 

 

一時停止が不十分な人の特徴

直進中、左側の脇道から出てくる際、完全停止せず左側だけ確認して出ようとする人を多く見かけます。

 

予測して徐行をしてはいますが、たいがい

あっ!

と驚いたような表情で急ブレーキを踏んでいますね。

 

注意
進行方向に向かって、左の脇道から出てくる車のドライバーが『先に左を見た時』は、(こちらを見ないで)出てくる場合がありますので注意してください。

相手が悪いにせよ、お互いの身を守るために必要です。

 

 

右 ⇒ 左 ⇒ 右 の順に確認する

自動車教習所で『右⇒左⇒右』の順に左右の確認をすることを習ったと思います。

 

管理人の僕が免許を取って数年目の頃の話をすると、

 

信号機のない路地の交差点で一時停止、右から50mほど先を1台の車が直進してきていましたが、まだ距離があると思いながら『右 ⇒ 左』と確認して直進を始めました。

 

次の瞬間『ガチャン!』相手の車に当たって気付いた状況でした。徐行ほどのスピードだったため幸いケガはありませんでした(ホッ)

今でもハッキリとその時の情景を覚えています。

 

右を確認していても、左を見ている間に右から来る車は思っている以上に進んでいます。

 

 

左 ⇒ 右 だけ確認じゃダメなの?

これには理由がありまして、向かって右側を走ってくる車の方が自分との距離が近いため、左側から走ってくる対向車よりも危険性が高いのです。

 

もし、右側から走ってくる車があれば、次の瞬間に衝突するかもしれません。

 

自転車や歩行者、ランニング中の人であれば命に関わる危険性があります。

 

相手は『一時停止側』の車がまさか直前で出てくるとは思いもせず進行しているかもしれません。

 

前方からの直進車、歩行者やバイクなど、前後にも注意を払いましょう。

 

注意
①一時停止は3秒数える

②一時停止したら、右 ⇒ 左 ⇒ 右 の順に安全確認をする

③前後も確認する

 

誰も見ていないから、と守らないでいると『いざ』という時にできません。

 

安全のため、しっかり止まって前後左右を確認しましょう。