免停や免許取り消しは何点なの?交通違反の種類と違反点数

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

こんにちは!マルです。読めば安全運転になるよ!

意外と知らない人が多い、免許停止免許取消の条件。

経験した事がない人はあまり違反点数の仕組みを知らないと思います。

僕も免許停止などの経験はありませんが、知っておかないといけない事なので、当記事にまとめてみました。お役に立てれば幸いです。

1 免停や免許取り消しは何点なの?

巡回するパトカー

    ※過去3年間の累積点数が

免許停止 6点以上14点以下

免許取消 15点以上

免許取り消しの場合は、過去に「免許停止&免許取消」の前歴によって決められます。

 


前歴が合計3回以上であれば、0点の場合で4点の加算で「免許取消」となります。

 

前歴回数
前歴回数なし1回3回3回以上
点数15点~10点~5点~4点~
https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

普段よく運転をする人でも『違反と知らない』『違反しやすい』項目があるので解説するね!

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

分かっているようで、あいまいな部分もあるから知っておきたい!

道路交通法は『歩行者および運転者の安全』のために、理由があって設けられたものです。

 

他人の命を奪ってしまってから後悔しないためにも、『免停&免取』になって後悔しないためにも、きちんと理解しておく必要があります。

 

何年も運転していると『今さら人には聞けない初歩的なこと』がありますよね。そのあたりを中心に解説しています!

 

2 違反行為の種別と罰金

違反行為の種別点数酒気帯び点数
0.25未満0.25以上
酒酔い運転35  
麻薬等運転35  
共同危険行為等禁止違反25  
無免許運転252525
大型自動車等無資格運転121925
仮免許運転違反121925
酒気帯び運転0.25以上25  
0.25未満13  
過労運転等25  
無車検運行61625
無保険運行61625
速度超過50以上121925
30(高速40)以上50未満61625
25以上30(高速40)未満31525
20以上25未満21425
20未満11425
積載物
重量制限超過
大型等10割以上61625
大型等5割以上10割未満31525
普通等10割以上31525
大型等5割未満21425
普通等5割以上10割未満21425
普通等5割未満11425
放置駐車違反駐停車禁止場所等3  
駐車禁止場所等2  
保管場所法違反道路使用3  
長時間駐車2  
警察官現場指示違反21425
警察官通行禁止制限違反21425
信号無視赤色等21425
点滅21425
通行禁止違反21425
歩行者用道路徐行違反21425
通行区分違反21425
歩行者側方安全間隔不保持等21425
急ブレーキ禁止違反21425
法定横断等禁止違反21425
追越し違反21425
路面電車後方不停止21425
踏切不停止等21425
遮断踏切立入り21425
優先道路通行車妨害等21425
交差点安全進行義務違反21425
横断歩行者等妨害等21425
徐行場所違反21425
指定場所一時不停止等21425
駐停車違反駐停車禁止場所等21425
駐車禁止場所等11425
整備不良制動装置等21425
尾灯等11425
安全運転義務違反21425
幼児等通行妨害21425
安全地帯徐行違反21425
騒音運転等21425
携帯電話使用等(交通の危険)61625
携帯電話使用等(保持)31525
消音器不備21425
高速自動車国道等措置命令違反21425
本線車道横断等禁止違反21425
高速自動車国道等運転者遵守事項違反21425
高速自動車国道等車間距離不保持21425
車間距離不保持11425
免許条件違反21425
番号標表示義務違反21425
混雑緩和措置命令違反11425
通行許可条件違反11425
通行帯違反11425
路線バス等優先通行帯違反11425
軌道敷内違反11425
道路外出右左折方法違反11425
道路外出右左折合図車妨害11425
指定横断等禁止違反11425
進路変更禁止違反11425
追い付かれた車両の義務違反11425
乗合自動車発進妨害11425
割込み等11425
交差点右左折方法違反11425
交差点右左折等合図車妨害11425
指定通行区分違反11425
交差点優先車妨害11425
緊急車妨害等11425
交差点等進入禁止違反11425
無灯火11425
減光等義務違反11425
合図不履行11425
合図制限違反11425
警音器吹鳴義務違反11425
乗車積載方法違反11425
定員外乗車11425
積載物大きさ制限超過11425
積載方法制限超過11425
制限外許可条件違反11425
牽引違反11425
原付牽引違反11425
転落等防止措置義務違反11425
転落積載物等危険防止措置義務違反11425
安全不確認ドア開放等11425
停止措置義務違反11425
初心運転者等保護義務違反11425
座席ベルト装着義務違反11425
幼児用補助装置使用義務違反11425
乗車用ヘルメット着用義務違反11425
大型自動二輪車等乗車方法違反21425
初心運転者標識表示義務違反11425
最低速度違反11425
本線車道通行車妨害11425
本線車道緊急車妨害11425
本線車道出入方法違反11425
牽引自動車本線車道通行帯違反11425
故障車両表示義務違反11425
仮免許練習標識表示義務違反11425

引用元:警視庁

反則行為の種類
(略号)
車両等の種類及び反則金
(千円)
大型車普通車二輪車

小型
特殊

原付車
速度超過高速道路35
以上40未満
4035302020
高速道路30
以上35未満
3025201515
25以上
30未満
2518151212
20以上
25未満
2015121010
15以上
20未満
1512977
15未満129766
積載物重量制限超過普通等
10割以上
*35302525
5割以上
10割未満
4030252020
5割未満3025201515
信号無視(赤色等)違反129766
信号無視(点滅)違反97655
整備不良制動装置等違反129766
整備不良尾灯等違反97655
しゃ断踏切立入り違反1512977
通行区分違反129766
高速自動車国道等車間距離不保持違反129766
追越し違反129766
踏切不停止等違反129766
交差点安全進行義務違反129766
横断歩行者等妨害等違反129766
安全運転義務違反129766
携帯電話使用等(交通の危険)違反
本線車道横断等禁止違反12976*
高速自動車国道等運転者遵守事項違反12976*
法定横断等禁止違反97655
路面電車後方不停止違反97655
通行禁止違反97655
歩行者用道路徐行違反97655
歩行者側方安全間隔不保持等違反97655
急ブレーキ禁止違反97655
優先道路通行車妨害等違反97655
徐行場所違反97655
指定場所一時不停止等違反97655
積載物大きさ制限超過違反97655
積載方法制限超過違反97655
幼児等通行妨害違反97655
安全地帯徐行違反97655
免許条件違反97655
通行帯違反76655
路線バス等優先通行帯違反7665*
道路外出右左折合図車妨害違反76655
指定横断等禁止違反76655
車間距離不保持違反76655
進路変更禁止違反76655
追いつかれた車両の義務違反76655
乗合自動車発進妨害違反76655
割込み等違反76655
交差点右左折等合図車妨害違反76655
指定通行区分違反76655
交差点優先車妨害違反76655
無灯火違反76655
緊急車妨害等違反76655
減光等義務違反76655
合図不履行違反76655
合図制限違反76655
警音器吹鳴義務違反76655
乗車積載方法違反76655
定員外乗車違反76655
牽引違反7665*
泥はね運転違反76655
転落等防止措置義務違反76655
転落積載物等危険防止措置義務違反76655
安全不確認ドア開放等違反76655
停止措置義務違反76655
騒音運転等違反76655
初心運転者等保護義務違反7665*
携帯電話使用等(保持)違反2518151212
公安委員会遵守事項違反76655
消音器不備違反76655
交差点等進入禁止違反76655
大型自動二輪車等乗車方法違反**12**
最低速度違反7665*
本線車道通行車妨害違反7665*
本線車道緊急車妨害違反7665*
牽引自動車本線車道通行帯違反76***
故障車両表示義務違反7665*
仮免許練習標識表示義務違反76***
通行許可条件違反64433
軌道敷内違反64433
道路外出右左折方法違反64433
交差点右左折方法違反64433
制限外許可条件違反64433
原付牽引違反****3
運行記録計不備違反64***
初心運転者標識表示義務違反*4***
聴覚障害者標識表示義務違反*4***
本線車道出入方法違反6443*
警音器使用制限違反33333
免許証不携帯33333

引用元:警視庁

上のボタンから『交通違反点数一覧』『放置・駐停車に関するもの以外の反則行為の反則金一覧表』が見られます。

思っているより重い罰則だと感じる人もいるかもしれません。

3 『累積加点方式』を覚えておこう

日本の場合、交通違反や交通事故の場合の『基礎点数』と、一定期間以上の治療が必要な重い重症事故などにつけられる『付加点数』を足したものが加点される仕組みです。

 

累積加点方式 = 基礎点数 + 付加点数

 

運転者の最後の交通違反等の日を起算日として、過去3年間の累積点によって計算します。

 

その結果、累積加点が『6点以上』で免許停止、『15点以上』で免許取消になるんですね。

 

MEMO
よく『あと〇点しかない』『今度引かれたら・・』という話を聞きますが、初めに何点か所持していて引かれていく『減点方式×』ではないので覚えておきましょう。

 

みんな最初は一律で『0点スタート』です。

 

そして、たったの『6点』で『免停』になります!

 

昨年12月に『道路交通法の改正』があり、運転中のスマートフォン使用などへの罰則が強化されました。そして、あおり運転への罰則も強化されました。

もし、現在「違反点数が3点」(例:一時停止違反2点+速度超過~20km1点)だったとします。携帯電話の所持で違反をすると3点+され6点となり『免許停止』です。

 

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

これは、道路交通法に基づき都道府県の公安委員会が下す行政処分になるよ!

前科にはならないけど、刑事上・民事上の責任が免れる訳ではないよ。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

そうよね。責任を負うような事にならないように気をつけて運転しなきゃ。

ねぇ 以前2回ほど軽微な違反をしちゃったの。今何点なんだろう・・

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

そうだったの?? 分かった!調べる方法があるから教えるね!

4 自分の現在の保持点数を知りたい

累積点数証明書

誰でも申請をすれば以下のような『累積点数証明書』を発行することができます。ちょっと不安だなぁって人は、最寄りの駐在所にも申込用紙が置いてあるので申請してみてはいかがでしょうか。

 

累積点数証明書

経歴証明書申込用紙』(払込取扱票)は、交番、警察署、駐在所、免許試験場や免許センターでもらえます。僕は交番でいただきました。

 

申込方法

  1. 免許センター窓口で申請
  2. ゆうちょ銀行・郵便局で申請

手数料

1通630円

 

発行日数

申請日から5営業日ほど(即日発行は不可)
郵送の場合は5営業日+郵送日

郵送を依頼したのですが、2~3週間ほどで到着したと記憶しています。

 

ちなみに現在は、最後の違反から1年以上「無事故・無違反」なので累積はリセットされ0点です。

 

5 1発免停の違反もある

 

パトカーのアニメ

『今ゴールドだし大丈夫!』『私には関係ないな』って思っている人も少なからずいると思います。

 

しかし、油断大敵。いきなり1発免停になる人は少なくありません。後で自宅へ『通知書』が届いて青ざめることにならないよう知っておきましょう。

 

どれも、重大な事故につながるため重い罰則となっています。

 

  • 酒気帯び運転(0.25未満)13点
  • 大型自動車等無資格運転 12点
  • 仮免許運転違反     12点
  • 速度超過(50以上)   12点
  • 速度超過          6点
    30(高速40)以上50未満
  • 無車検運行        6点
  • 無保険運行        6点
  • 積載物重量制限超過    6点
    大型等10割以上
  • 携帯電話使用等      6点
    (交通の危険)

 

通知書は2種類

意見の聴取通知書
1回の違反で『免許停止』『免許取消』の処分を受けた場合に送付。検察庁で当時の状況の具体的な事実確認がされます。

 

場合によっては『軽減措置』も受けられます。

 

出頭要請通知書
前歴&違反点数により処分が下された場合に送付。裁判所へ出頭する「受付場所」「日時」が記され、都合が悪い場合は事前に連絡をすれば変更が可能。

 

6 優遇措置があります

先程、3年間の違反点数が加点される話をしましたが、反省をして安全運転している『無事故・無違反』のドライバーには優遇措置(ゆうぐうそち)があります。

 

2通りの条件があり次の場合には合算されません。

 

  1. 1年間 無事故&無違反の方 「免許停止期間」や「免許が失効した期間」を除いて、運転可能な期間が、前の違反と後の違反までの間が『1年以上無事故・無違反・無処分』である場合に限って、点数は累積されません。
  2. 2年間 無事故&無違反の方 「2年以上無事故・無違反・無処分」で、「1点」または「2点」または「3点」の違反行為をし、その後『3か月以上無事故・無違反』で経過したときは、その点数は累積されません。

※注意
ただし、点数が消える訳ではなくて、『違反歴』としては残ります。違反歴があると、次回違反した際や、事故の際に不利になる可能性もありますね。

 

7 免許停止になったらいつまで車に乗れないの?

繰り返しますが、過去3年間に累積点数が6点以上14点以下になった場合は、『免許停止』となり一定期間の運転が禁止されます。

 

6ヵ月を超えない範囲で免許の効力を消します』と規定。

 

道路交通法103条1項
免許の効力の停止若しくは保留又は6月を超えない範囲内の期間の自動車等の運転の禁止の処分をいう。

 

それまでの違反歴などに応じて、停止期間が6種類設けてあります。

 

免許停止期間
30日・60日・90日・120日・150日・180日の6種類

 

条件別に『停止期間および禁止期間の一覧表』は下記をご覧ください。

 

前歴の回数に応じて、厳しい条件が課せられます。1度『免停』になると以降は少ない加点で『免許停止』や『免許取消』になってしまうんですね。

 

例えば、現在3点加点の場合、速度超過50㎞で12点加点なので『15点』となり免許停止となってしまいます。

 

 

点数/前歴0回1回2回3回4回以上
1     
2  停止
90日
停止
120日
停止
150日
3  停止
120日
停止
150日
停止
180日
4 停止
60日
停止
150日
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
5 停止
60日
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
6停止30日停止
90日
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
7停止30日停止
90日
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
8停止30日停止
120日
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
9停止60日停止
120日
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
10-11停止60日取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
2年
(4年)
取消
2年
(4年)
12-14停止90日取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
2年
(4年)
取消
2年
(4年)
15-19取消
1年
(3年)
取消
1年
(3年)
取消
2年
(4年)
取消
2年
(4年)
取消
2年
(4年)
20-24取消
1年
(3年)
取消
2年
(4年)
取消
2年
(4年)
取消
3年
(5年)
取消
3年
(5年)
25-29取消
2年
(4年)
取消
2年
(4年)
取消
3年
(5年)
取消
4年
(5年)
取消
4年
(5年)
30-34取消
2年
(4年)
取消
3年
(5年)
取消
4年
(5年)
取消
5年
取消
5年
35-39
35-39
(注記1)
取消
3年
(5年)

取消
3年
(5年)(注記1)
取消
4年
(5年)

取消
4年
(6年)(注記1)
取消
5年

取消
5年(7年)(注記1)
取消
5年

取消
6年(8年)(注記1)
取消
5年

取消
6年(8年)(注記1)
40-44
40-44
(注記1)
取消
4年
(5年)

取消
4年(6年)(注記1)
取消
5年

取消
5年(7年)(注記1)
取消
5年

取消
6年(8年)(注記1)
取消
5年

取消
7年(9年)(注記1)
取消
5年

取消
7年(9年)(注記1)
45以上
45-49
(注記1)
取消
5年

取消
5年(7年)(注記1)
取消
5年

取消
6年(8年)(注記1)
取消
5年

取消
7年(9年)(注記1)
取消
5年

取消
8年(10年)(注記1)
取消
5年

取消
8年(10年)(注記1)
50-54
(注記1)
取消
6年(8年)(注記1)
取消
7年(9年)(注記1)
取消
8年(10年)(注記1)
取消
9年(10年)(注記1)
取消
9年(10年)(注記1)
55-59
(注記1)
取消
7年
(9年)(注記1)
取消
8年
(10年)(注記1)
取消
9年
(10年)(注記1)
取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
60-64
(注記1)
取消
8年(10年)(注記1)
取消
9年(10年)(注記1)
取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
65-69
(注記1)
取消
9年(10年)(注記1)
取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
70以上(注記1)取消
10年
(注記1)

取消
10年
(注記1)

取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
取消
10年
(注記1)
(注記1)赤字については特定違反行為(※)の欠格期間を表します。
(注記2)( )内の年数は、免許取消歴等保有者が一定期間内に再び免許の拒否・取消し又は、6月を超える運転禁止処分を受けた場合の年数を表します。

 

※特定違反行為とは、運転殺人傷害等、危険運転致死傷等、酒酔い運転・麻薬等運転又は救護義務違反をいいます。

 

考えるだけでも、車に乗れない生活は不便なのが想像できますね。仕事ができない人もいるでしょう。

 

8 講習を受けると停止期間が短縮されます

講習の種類処分期間
短期講習処分期間
「39日以下」の方
中期講習処分期間
「40日以上89日以下」の方
長期講習処分期間
「90日以上180日以下」の方

短縮される日数で優遇される人

講習の区分免停の日数講習を受講することで
短縮できる日数
成績
『優』
成績
『良』
成績
『可』
短期
講習
30日29日25日20日
中期
講習
60日30日27日24日
長期
講習
90日45日40日35日

短期講習の方の場合、成績が『優』であれば最短『29日』短縮されますので、実質は『1日』免許停止です。「講習を受ける当日のみ」乗ることができません。

 

当日は運転できませんから、行き帰り運転すると『無免許運転』となりますので注意しましょう。

 

翌日からは免許停止の効力は無くなりますので、点数が0点に戻り通常の運転が可能になります。

 

9 前歴1になると厳しい現実が待っている

1度免許停止の前歴があると、2回目は『4点』で免許停止になり、『中期講習』『停止期間60日』となります。

この場合、講習を受けても最短で『30日』の短縮なので、『30日は運転できない』ことになりますのでご注意ください。

 

10 免許取消ってどうなるの?

パトカーのミニカー

『免許取消』とは文字通り免許が取り消される、最も重い行政処分となります。

『免取り(めんとり)』とも言います。

免許が無い状態になります。当然、車を運転することはできませんし、運転するためには再度1から『運転免許』を取得しなければなりません。

しかし、『免許取消』になると処分に応じて1~10年の間は免許を取得することが禁じられます。

 

赤切符 ⇒ 罰金は前科になる

いわゆる『青切符』は『都道府県公安委員会』の行政手続きになりますが、『赤切符』は管轄する『各都道府県警察』による刑事事件として扱われます。

検察庁に生涯記録が残りますが、罰金の前科は確定して5年が経過すると、資格制限等の効果は無くなるようです(刑法34条の2)

その後のお仕事などにも影響がありますので気を付けましょう。

 

前歴0の人が1発で免許取消になる違反

  • 酒酔い運転        35点

  • 麻薬等運転        35点

  • 共同危険行為等禁止違反  25点

  • 無免許運転        25点

  • 酒気帯び運転 0.25以上  25点

  • 過労運転等        25点

                     

 

交通違反以外の免許取消となる場合

  1. 統合失調症

  2. てんかん

  3. 再発性の失神

  4. 無自覚性の低血糖

  5. 躁鬱病(そううつ)

  6. 重度の眠気の症状を呈する睡眠障害

  7. 認知症

  8. 上記に掲げるもののほか、自動車等の安全な運転に必要な認知、予測、判断又は操作のいずれかに関わる能力を各こととなるおそれがある病状を呈する病気

  9. アルコール、麻薬、あへん又は覚せい剤の中毒

 

1~9の事由で免許取り消し処分を受けた場合でも、その後の治療によって病状の回復が見られば免許の再取得は可能です。

 

取消しの日から3年以内であれば、『学科試験』と『技能試験』が免除されます。

 

近年、認知症状による重大事故が多くなり、免許の返納の数が増えてきました。

不便さと、他人の人生を巻き込んで一生背負っていく人生と、どちらがよいか。

早い段階で家族間で考え、万が一の場合は、速やかに状況に応じた手続きが取れるようにしていきたいものです。関連:全国対応【廃車本舗】 【ENG】簡単無料査定 中古車買取オークションのSellCa

11 免許証の色

  • ゴールド免許になるための条件は『5年間無事故&無違反

  • ブルー免許(有効期間5年)の条件は『過去5年間で違反点数が3点以下の軽微な違反が1回のみ

  • ブルー免許(有効期間3年)の条件は『グリーン免許から初回更新』『過去5年間に違反点数4点以上の違反、もしくは3点以下でも2回以上の違反

    ※これらは免許更新年における誕生日の『40日前』に判定しています。

 

12 まとめ

できれば、『免許取消』も『免許停止』も経験したくないものですね。

 

ドライバーにアンケートを実施したところ、『自分の運転に自信がある』と答えた人は『年齢が高くなるにつれ多かった』という事実があります。

そして、反比例して『年齢が高い層ほど事故が多い』のです。

 

過信は禁物!

道路交通法を理解して、運転マナーを守り、みんなで事故を予防しましょう。

 

思い当たることがあるという人は自覚があるので、今日からは常に油断をせずに、気持ちにゆとりを持って運転を続ければ、いつまでもセーフティドライバー(SD)でいられるでしょう。

無保険運行』『無車検運行』は絶対にいけません。万が一、相手の方にケガをさせてしまった場合のことを考えると、自分だけの問題ではありませんので保険加入は必要です。

車検』は忙しいと『うっかり』忘れがちです。早めに予約をして確実に実施しましょう。

車検の場合、早い段階での予約ほど割引額が多くなり、数社一括比較で見積もりを依頼すると、びっくりするほど安い価格で車検を受けられますのでお早やめに。
関連リンク:【楽天車検】