Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c4531349/public_html/maru-blog1.com/wp-includes/post-template.php on line 317

新型コロナウイルスの予防法/マスクは予防にならない

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

こんにちは!ルンルンです。毎日テレビで報道されている「新型コロナウイルス」が怖いわ・・・ 何をどうすればいいの? 情報が色々飛び交ってて分からない。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

こんにちは、マルです。そうだね、基本的な部分を理解して、基本的な対策をするしかないと思う。シンプルに考えるようにしよう。

普通のマスクに予防効果は、全くない訳ではないけど、根本的な予防法ではないことを知っておこう。

最後に「3つの予防法」を紹介するよ!

新型コロナウイルス

WHOによる緊急事態宣言

世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、令和2年1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」には該当すると発表。

WHOのテドロス事務局長によると、宣言する主な理由は「中国での発生ではなく、他の国々で発生していること」としています。

中国内外の様々な憶測の話も出ていますが、あくまで憶測なのでコメントは避けます。

とにかく、世界規模で人類への危険が及んでいるほど「危険なウイルス」とされています。

指定感染症

指定感染症」になりました。「2類感染症」と同等の扱いで、国は「感染症指定医療機関(全国に約400箇所)」への強制入院をさせることなどができます。

これは、結核H5N1型鳥インフルエンザ(2類感染症)と同じ扱いになるんですね。

被害の拡大状況

令和2年2月6日現在

CSSEの新型コロナ感染状況引用元:米国ジョンズ・ホプキンス大学 ジョンズ・ホプキンスCSSEによる新型コロナウイルス2019n-CoVグローバルケース オンラインマップ

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

令和2年4月7日現在

CSSEの新型コロナ感染状況

引用元:米国ジョンズ・ホプキンス大学 ジョンズ・ホプキンスCSSEによる新型コロナウイルス2019n-CoVグローバルケース オンラインマップ

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

令和2年4月23日現在

CSSEの新型コロナ感染状況

引用元:米国ジョンズ・ホプキンス大学 ジョンズ・ホプキンスCSSEによる新型コロナウイルス2019n-CoVグローバルケース オンラインマップ

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

令和2年7月3日現在

マルブログ「ジョブ・ホプキンス大学オンラインマップ」

引用元:米国ジョンズ・ホプキンス大学 ジョンズ・ホプキンスCSSEによる新型コロナウイルス2019n-CoVグローバルケース オンラインマップ

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

令和2年11月1日現在

新型コロナ感染者数

引用元:米国ジョンズ・ホプキンス大学 ジョンズ・ホプキンスCSSEによる新型コロナウイルス2019n-CoVグローバルケース オンラインマップ


画面をクリックするか、引用元をクリックすると大学のオンラインマップに飛びます。翻訳設定すれば上記画像のように日本語で見れます。

 

CSSEの新型コロナ感染状況

モバイル版(携帯電話版)は、ログイン後に右上の「三」アイコンをクリック ⇒ 「Mobile Version」をクリックすると表示されます。

 

リアルタイムで現在の「合計感染者数」「国別感染者数」「合計死亡数」「合計回復者数」が分かります。

 

どういった種類のウイルスなの?

ウイルスの特徴・種類

新型コロナウイルスは、 2019-nCoVNovel Coronavirus)と関連がみられる急性の呼吸器感染症になります。

新型コロナウイルスの画像

引用元:国立感染症研究所

表面に王冠(コロナ)様の突起(スパイク)を持つことから、ギリシャ語のcoronaにちなんで名付けられました。

コロナウイルスには、

① 日頃から蔓延(まんえん)する「風邪のウイルス4種類
  (一般の風邪の10~15%で流行期は35%

②「重症肺炎ウイルス2種類」(主に動物から感染する)

があります。

ウイルス」の一種で哺乳類(ほにゅうるい)鳥類呼吸器消化器に感染します。

コロナウイルス」に人が感染する場合は症状が軽い「風邪」の約15%を占めますから、毎年私たちの生活に関係があるものです。

②の「重症肺炎ウイルス」はいわゆる「SARS」サーズ「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)」と、「MERS」マーズ「中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)があります。

そこに今回「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」が発見されたことになります。

新型コロナウイルスと通常ウイルスの違い

引用元:厚生労働省 資料

新型コロナウイルスの症状

 

感染源・感染経路は?

感染源

感染源」は中国の武漢市の「海鮮市場」という市場の関係者から多数の患者が報告され、野生動物からの可能性などが考えられています。 現在はまだ調査中です。

「SARS」=「コウモリ」
「MERS」=「ラクダ」とされています。

感染経路

感染経路」は現在調査中ですが、人から人への「濃厚接触」による「咳による飛沫感染」「唾液などからの直接感染」「ウイルスが付着した環境に触れることによる接触感染」と考えられています。

また「目(結膜)」からの感染も少なからずあるということも分かってきました。

糞便中に一定期間、新型コロナウイルスが滞在することも研究結果で分かってきました。

食べ物から他人へ感染した事例は今のところありません。

4月現在、主な感染経路として注意喚起がなされているものは、

①感染者との濃厚接触(ウイルスの付着・吸引)

②ウイルスが付着した手などで、自分の口や鼻や目を触ることによる粘膜からの感染

※①②に比べて、飛沫感染リスクは低いとされていますが、ウイルスが空中に飛散している場所に15分以上滞在すると、感染する危険性が高まるとの研究結果があります。

※糖尿病などの疾患高齢者睡眠不足過労アルコール摂取中は免疫力が低下するため、発症リスクが高まります。

『医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 』によると、

ウイルスの主な感染部位によって上気道炎、気管⽀炎、および肺炎を発症すると考えられます。本ウイルスに感染した⽅全員が発症するわけではなく、無症状で経過してウイルスが排除される例も存在すると考えられます。

引用元:一般社団法人 日本感染環境学会 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド

付着ウイルスの表面上の滞在時間

感染者が触れたり、咳をして、ウイルスが付着した場所に、どのくらいの期間ウイルスが滞在するかについて。

世界でもっとも権威ある週刊総合医学雑誌の『The New England Journal of Medicine(NEJM)』に、新型コロナウイルスが物質上に生存できる期間が明らかになったという記事が掲載されましたので以下にまとめました。

新型コロナウイルスの滞在時間の表

『咳の飛沫で空中拡散した新型コロナウイルスは、最長で3時間生存できる』

引用元:New England Journal of Medicine 

そして、新型コロナウイルスが以下のように、アルコールにより不活性化できることも研究により分かっています。

62~67%のアルコール過酸化水素0.5%が含まれる漂白剤、0.1%の次亜塩素酸ナトリウムが含まれる家庭用漂白剤で表面を消毒すれば、コロナウイルスは1分以内に不活性化することです。

参考までに、他のコロナウイルスの、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)は、正しく消毒しないと、金属・ガラス・プラスチックの表面では最長9日間生きられるとの研究結果もあります。

飛沫したウイルスが滞在しやすい場所

金属・ガラス・プラスチック・段ボールなど『硬くてツルツルしたもの』ほど長時間滞在しますので、ドアノブなどから付着する機会が多くなります。

  • ドアノブ
  • テーブル
  • 椅子、ソファ
  • 蛇口
  • 小銭
  • スマートフォン
  • パソコン
  • ATMなどのタッチパネル、ボタン
  • ボールペンやマジック
  • 買い物かご
  • トング
  • トイレのレバー
  • 車内
  • 陳列された商品
  • 段ボール

などは特に注意です!帰宅したらアルコール消毒をオススメします。

新型コロナウイルスにはアルコール(エタノール)が有用ということが分かっています。

手洗いはしっかりあらっても不十分になりやすいですし、個人的にはアルコール消毒が最も確実だと思います。

手洗い + アルコール消毒 = 最も効果的

アルコール消毒が品薄で購入が困難になっていますが、手作りで代替できる消毒用アルコールの作り方もあります。別の記事で紹介したいと思います。

治療法

新型コロナウイルスの有効な抗ウイルス薬等がないため、現段階では「対症療法」しかありません。

予防法

  1. 感染者との濃厚接触を避ける = 効果が高い
    ・3つの密を避ける(密閉空間・密集場所・密接場面)

    ・1メートル程度の距離でで15分以上一緒に居ない
    ※2メートル以上距離を保つ
  2. 手洗い 効果が高い
  3. うがい = 効果がある
  4. アルコール消毒 効果が高い
  5. マスク = 効果が低いがしないより断然よい
  6. 咳エチケット
  7. 眼鏡やフェイスシェード=一定の効果がある

「厚生労働省」も「東京都感染症情報センター」も、基本的に上に示した予防法を示しています。

1~4 は効果的が高い(あるいは効果がある)とされています。マスクの効果はそれほど高くないというのがWHOの見解です。

5~6 は基本的に感染者が取るべき予防法ですが、マスクはしないよりは、した方が効果があります。

繰り返しますが、マスクをしているから安心ではなく、あくまで濃厚な接触を避けて、ウイルスの性質を理解して、付着している可能性のある場所を極力触らないアルコール消毒と手洗いを徹底(ここが重要)することが必要です。

手には常にウイルスが付着していると考えて行動しましょう。

1 
できるだけ人込みや、他者と密閉した空間になることを避けましょう。電車バスタクシー船舶などの乗り物や、デパートなど人の密集する場所には近づかないようにしましょう。必要ない場合は外出をしない方が賢明ですね。

濃厚接触の定義(厚生労働省)
2つの要素 ①距離の近さ ②時間の長さ が重要な要素です。

  1. 必要な感染予防策をせずに手で触れること
  2. 対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度)で15分以上接触があった場合

上記の2つの場合濃厚接触者と考えられます

3つの密を避ける
密閉空間・密集場所・密接場面

2
手洗い」は最も予防効果が高いとされています。しかし、「爪」「指の股」「手首」は洗い残しが多く、せっかく洗ったつもりでも予防につながらないことになります。

医師も「30秒以上」の手洗いを推奨されていますので、「爪の中」「指の股」「手首のシワの中」を意識して、石鹸で泡立てて洗いましょう。

引用元:横浜市HP

3
うがい」は外から帰ったらすぐに行いましょう。市販の「うがい薬」でも構いませんので使用するとより効果が高まります。

うがい薬は『イソジン』が一般的に知られていると思います。医療機関でも使用されていますのでイソジンでのうがいで十分です。

4
アルコール消毒」は「ウイルスの膜を壊す」ので効果があるとされています。
市販のポンプ式なら、「手のひら」以外の所でポンプを押すことができるのでオススメです(ウイルスが手のひらに付着しないようにする)。

買い物の後車に乗り込む際に消毒をします。ドアノブスマートフォン家や車の鍵などもウイルスが付着しやすいので、こまめなアルコール消毒を推奨します。

僕も車の中と自宅に置いていて、こまめに消毒をしています。

厚生労働省は下記の薬液・方法(商品ではないです)を推奨しています。

手指の消毒 = 消毒用エタノール

物の表面の消毒 = 次亜塩素酸ナトリウム

    • ペーパータオルに薬液を含ませて拭き自然乾燥させる。
    • 濡れている場合には水分を拭き取った後、ペーパタオル等に十分に薬液を含ませて拭く。

  • 次亜塩素酸ナトリウムを使用する際には用途に応じ、製品に記載されている用量に希釈して使用する。
  • 金属部位に使用した場合は、10分程度経ったら水拭きする。
  • スプレーボトルでの噴霧はしない。
  • 必ず使用上の注意を読む。

次亜塩素酸ナトリウムは、医療機関や浴場などでも使用されています。希釈して使用したり、スプレーボトルへ移して使えるため、コック式が使いやすいです。長期間の保存も可能なので、一般家庭でも使用されています。

 

5
マスク」は予防の効果は低いとされています。どちらかというと感染者側が感染拡大を防ぐ為に使用するもの

更に、医療従事者のように手でマスクに触れたら「すぐに捨てて取り換える」なら効果があるものの、ずっと付けていれば不潔な手でマスクを触り、かえって感染してしまうため、WHOもマスク使用は推奨していません

清潔な手で触る分にはいいですが、例えば買い物中にドアノブや商品に触れた手でマスクを直したり触ってしまえば、マスク⇒口や鼻から感染となってしまいます。本末転倒ですね。

効果があるとすれば、「N95規格以上の高機能マスク」を使用し、1度でも手でマスクに触れたら捨てる⇒取り換える、を徹底することだと思います。

N95規格以上のマスク1枚500円前後するものが多いので、1度手で触れたら捨てるのは非経済的ですが、命には代えられませんので必要な場合は使用も検討しましょう

N95規格」はアメリカ合衆国が定めた規格で、数字の「95」は試験粒子を 95% 以上捕集できることを表しています。※注)100%ではありません

PM2.5」や「花粉症」にも効果があるので持っていても重宝するものだと思います。

WHOの本部直轄機関である神戸センター(神戸市中央区)は、「いくつかの国では文化的慣習の中でマスクが着用されているが、防御への有用性について明確なエビデンス(証拠)はない」

引用元:神戸新聞

感染者の場合はマスク着用しなければなりませんが、通常のマスクでは新型コロナウイルスの微粒子」は通り抜けてしまうため、高密度・高性能マスクの方がまだ良いでしょう。

高密度のN95~N99規格マスクの方が遮断性は高いが、空気が取り入れにくいため息苦しさは感じます。

しかしながら、一般の人では高規格のマスクすら手に入らない状況ですので、ウイルスを通さない素材を使った手作りのマスクで工夫するのも一つの方法です。

警視庁警備部災害対策課のツイートが参考になりますので載せておきます。

キッチンペーパーを使った簡易マスクは息苦しさがあるものの、透過性が低くマスクとしての効果は高いとされています。

ただし、マスクをするなという訳ではありません。

しないよりは若干の効果はありますし、インフルエンザや風邪などのウイルスを予防する効果は大きいので『マスク』は推奨します。

マスクはしているが、手洗いやアルコール消毒はしない、おろそかな人を多く見かけます。目や鼻や口を触っている人を多く見かけます。

「マスクをしているから安心」「マスクを買い占める」ではないので、正しい理解が望まれます。

マスクをしているから安心ではないことを念頭において行動しましょう。

注意

ちなみに紙製のマスクは洗ってしまうと、繊維が壊れフィルター効果が著しく低下しますので、2~3回使う場合は洗わずに干して乾燥させるのが賢明です。

洗うと効果なしです。

6
咳エチケット」とは、感染者が感染症を他人へ感染させないよう、「咳」「くしゃみ」をする際に「マスクをする」「袖で口を押える」「ハンカチやティッシュで口を押える」ことを言います。

その際にしてはいけないのが

口を押えない

・手のひらで口を押える

です。「口を押えない」のはウイルスが飛散しますのでいけませんね。「手のひらで口を押える」のは何故いけないの?

これは、咳をすると手のひらにウイルスが付着し、「ウイルスが付着した手のひら」で色んな所を触ると当然ウイルスがそこに付着します。その部分に触れた他者へ感染してしまいます。

マスクがなく、ハンカチやティッシュも間に合わない場合、肘の内側を口に当てて押える方法が推奨されています。

咳エチケットの説明

引用元:厚生労働省 咳エチケット

7

眼の粘膜からの感染も少なからずあると言われているため、医療機関や歯科医など、仕事上どうしても相手と接近する機会のある人は、眼鏡やフェイスシードんどは一定の効果があると思われます。

まとめ

気をつける上で優先度の高いものから並べ替えました。

  1. 感染者との濃厚接触を避ける = 効果が高い

    ・3つの密を避ける(密閉空間・密集場所・密接場面)
    ・1メートル程度の距離でで15分以上一緒に居ない
    ※2メートル以上距離を保つ

     

  2. アルコール消毒 効果が高い

     

  3. 手洗い 効果が高い

     

  4. うがい = 効果がある

     

  5. マスク = 効果が低いがしないより断然よい

     

  6. 咳エチケット

     

  7. 眼鏡やフェイスシェード一定の効果がある
    ※目の粘膜からの感染を予防する
  8. 食事・睡眠・運動
    免疫力を高めること!これが大切ですよ!

マスクについて

  • ウイルスを通さない素材で作る工夫
  • 紙マスクは洗うと効果がなくなる
  • 1度でも手で触れたら捨て、手を洗い、新しいものに取り換える

4月現在、世界規模での感染拡大が大きく報道され、まだ感染力や致死率など明確なことは分かっていません。

 

どのコロナウイルスも「予防法は同じ」です。「手洗い・うがい・アルコール消毒感染者との濃厚接触(3密を避ける)をしない」を徹底する。

 

異変や違和感を感じたら速やかに医療機関または保健所へ連絡します。

 

今後、どうなるのかも分かっていません。しかし、今はひとりひとりが正しい知識を持って、防いでいくしかないので、協力し合っていきましょう。

 

参考サイト

厚生労働省 『新型コロナウイルスに関する Q&A(一般の方向け)』

WHO公式サイト コロナウイルスに関するQ&A(COVID-19)

 

MEMO
内容に変更があれば、随時更新していきたいと思います

 

ピックアップ記事