Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/c4531349/public_html/maru-blog1.com/wp-includes/post-template.php on line 317

コノハウイングでワードプレスを設定する方法

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

こんにちは!マルです。初心者の方でも分かるように、僕の使っているレンタルサーバー「コノハウイング」の設定から「お名前.com」でのドメイン設定、WordPress(ワードプレス)のインストールまでを説明していくよ。

ConoHa WING コノハ ウイングで設定する前に

ブログを始めたばかりの方や、これからブログを始めたい方へ、まずコノハウイングの短所長所を説明します。

ブログについて全く分からない人で、この記事から読み始めた場合は、関連記事にブログを始める全体の手順を解説していますので読んでみてください。

『その辺の説明はいらないよ』っていう方は、読み飛ばして『利用の手順』からどうぞ。

 

ConoHa WING コノハ ウイングのデメリット

  1. 月額利用料金が他社に比べて最安値ではない
  2. スマホからの操作が(機種によって)慣れるまで少ししづらい
  1. 安さだけならさくらのレンタルサーバ(ライト10GBなら月々131円)やロリポップ!(エコノミー10GBなら月々100円)などもあります。
    →有り余る高い機能を考えると高くはないです。
    →安くて必要な機能がないと、後で高くつきます。
  2. 2020年10月現在、スマホからの操作性はかなり良くなっていますので、最低限の操作は問題なく行えています。

 

現在5サイトを『コノハウイング』に登録して運営していますが、毎月平均1,300円くらいで済んでいます。

万が一、足りなくなっても簡単にチャージできるので安心です。

 

ConoHa WING コノハ ウイングのメリット

  1. 高性能サーバー 国内最速!
  2. Web表示高速化
    ファイル同時読み込みなど強化済み!
  3. PHP7対応
    従来のPHP5より2倍以上高速化!
  4. 高安定性Webサーバーnginx
    アクセス集中にも対応!
  5. リザーブドプラン
    他ユーザーに影響されにくい!
  6. サービス品質保証(SLA)SLA導入!
  7. 最低利用期間・初期費用なし 
    最小限のコストで開始できる!
  8. Webフォント無料利用 
    モリサワWebフォント33書体が無料!
  9. 他サーバーからWordPressを簡単移行
    手間なく簡単に移行できる!
  10. 無料独自SSL
    1クリック設定でセキュリティ強化!
  11. WAF(Webアプリケーションファイヤウォール)SiteGuard採用!
  12. メール機能
    メールアドレスを無制限に作れます!
  13. 迷惑メール対策 ウイルスチェック・
    迷惑メールフィルター機能!

 

はるひフォント

すずむしフォント

フォント
美しいフォントも無料で使えるのが嬉しい!

 

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

「WordPress に対応設計されている」
「安心の自動バックアップ機能」
「セキュリティが強固」
「不具合がない」
「直感的に分かりやすい操作性」
「ガイドやヘルプが分かりやすい」
1年使っている僕の感想だよ!

利用の流れ

手順1
申し込み
申し込みボタンをクリックする
手順2
アカウント情報の登録
住所、氏名などの個人情報を入力する
手順3
電話/SMS認証
携帯電話等で本人確認を行う
手順4
支払い設定
料金支払いの方法を設定する(カード情報の登録など)
手順5
料金プランとサーバー名の設定
毎月の料金プランおよびサーバー名を設定する
手順6
独自ドメインの取得
独自ドメイン申請代行会社を選んで購入・申し込みをする
手順7
DNSの設定
DNSの設定を行い 取得したドメインとサーバーを紐付ける
手順8
WordPressをインストール
WordPressワードプレスをサーバーにインストールします
手順9
独自SSLの設定
独自SSL(無料)を設定します
URLの確認とWordPress 管理画面の確認をして完了です! 

利用の手順

手順1 ConoHa WING に申し込む

公式サイトへ ConoHa WING

コノハウイングバナー

公式サイトへ入り「お申し込み」または「今すぐお申し込み」をクリックします。

 

手順2 アカウント情報を登録する

コノハウイング情報入力画面

名前、性別、生年月日、国、住所、メールアドレスの情報を正確に入力します。

 

手順3 電話/SNS認証をする

電話またはSNS認証にて本人確認(必須)が行われます。好きな方法を選べます。

電話番号を入力⇒「SNS認証」の場合は携帯電話に「認証コード」が送信されてきます。届いた認証コードを「入力欄」へ入力。

電話番号を入力⇒「電話認証」の場合は携帯電話に確認の電話がかかってきます。確認が完了したら「お支払方法」へ。

 

手順4 お支払方法を設定する

コノハウイングお支払方法

次に「お支払い方法」を設定します。以下の方法がありますが、毎月必ずお支払いは発生します。

 

期日迄にお支払いが間に合わない場合、サーバーが停止してしまうとブログやサイトがどこからも表示できない事態になりますので、確実にお支払いができる方法をおすすめします。

 

支払方法の種類

  1. クレジットカード払い
    即時利用
  2. ConoHaカード
    即時利用
  3. ConoHaチャージ
    ⇒クレジットカード決済
     即時利用
  4. ⇒Amazon Pay
     即時利用
  5. ⇒銀行決済(ペイジー)
  6. ⇒コンビニエンスストア払い
  7. ⇒Alipay Paypal

 

手順5‐1 料金プランを設定する

  1. ベーシック
    最大1,200円/1ヶ月(2円/1時間)200GB
  2. スタンダード
    最大2,400円/1ヶ月(4円/1時間)300GB
  3. プレミアム
    最大4,800円/1ヶ月(8円/1時間)400GB

僕は最大1,200円のベーシックプランを利用しています。通常はベーシックプランで問題なく運営できると思います。

より処理速度を速めたい方や、イベントやショップセールんどで一時的にアクセスが集中しても安定したサイト運営がしたい方には「リザーブドプラン」もあります。

リザーブドプラン

一時的にアクセス集中する方へ
  1. 最大1,500円/1ヶ月(2.5円/1時間)200GB
  2. 最大3,000円/1ヶ月(5円/1時間)300GB
  3. 最大6,000円/1ヶ月(10円/1時間)400GB

嬉しい!

学生や教職員を対象にしたConoHa学割があります!ConoHaカードなど対象商品を学割クーポンを利用すれば10%オフになります。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

どのプランもいつでもプラン移行できるのも嬉しいわね!

手順5‐2 サーバー名を設定する

コノハウイング初期ドメイン

引用元:ConoHa WING


ガイドページにあるように無料サブドメイン=初期ドメインになります。独自ドメインが無くてもサブドメインを使用して運用ができます(ただし独自性は出ません)

これから独自ドメインを取得して使用する方は、この初期ドメインは他人に見られることがありませんので自由に入力してください。

2
次にその下の「サーバー名」を入力します。ここも他人には見られることがないので、自分が覚えやすいものを入力しましょう。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

あとで必要なものもあるので、登録した名前などはノートに記しておきましょう。

コノハウイング料金表

希望の料金プランを選び「追加」をクリックします。

コノハウイングサーバー作成完了画面

料金プランの確認が完了すると下記のような画面が表示されサーバー作成が完了です。管理画面

コノハウイングドメイン名

 

手順6 独自ドメインを取得する

僕が利用している独自ドメイン申請代行会社「お名前.com」を利用する場合の具体的な取得方法とサーバーとの紐付けまで説明していきます。

日本においては株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が登録と管理を行います。

「お名前.com」など JPRSが認定した指定事業者が申請手続きを行うことになります。

「お名前.com」「ConoHa WING」あとドメインサービスで知名度もある「ムームードメイン」も同じ「GMOインターネット株式会社」が運営しています(ムームードメインはGMOぺパボ株式会社でグループ企業)。

初めての方にはレンタルサーバーとドメイン名会社が同じ方が安心ではないでしょうか。

GMOインターネット株式会社は上場企業を9社(2020.1現在)運営し、今年のニューイヤー駅伝で男子陸上長距離チーム(GMO アスリーツ)が初出場。

青山学院大学出身の選手をそろえ、初出場初優勝を目標に掲げて注目を集めたのは記憶に新しいと思います。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

初出場で5位は立派な記録だよ!

公式サイトへログインします
お名前.com


お好きな文字列」を入力し希望する「ドメイン」を選択後「検索ボタン」をクリックします。

ドメインに使用できる文字列

一般的に半角英数字・「ハイフン」の組み合わせ3文字以上63文字以下となります。日本語や1文字2文字も認められているものもあります。

各ドメインサービスで決められているルールに沿いましょう。

日本語ドメインはおすすめしません

日本語ドメインは「分かりやすい」「視認性が高い」「印象に残りやすい」メリットがあり大手企業などが使用しています。


しかし、「国内サイトにしか通じない」「日本語ドメインに対応していないサーバーがある」「 ツイッターなどSNS連携の際、ピュニコード(Punycode)に変換される。」デメリットの方が大きいと思います。


  ピュニコードは英数字と「-ハイフン」の羅列で表記されますが、元のドメインは全く分からなくなります。

取得可能ドメインから選択するお名前.com申込画面

注意1

その後「ドメイン情報認証のお願い」のメールが届きますので、必ずこのメールに記載されている「確認用URL」を認証(クリック)しましょう。

認証されないとブログやサイトが表示されない状態になります。


登録完了メール」はログイン情報など大切な情報が記載されているので必ず保存しておきましょう。


その他、メールが頻繁に届きますが更新時期以外は無視しても大丈夫なものがほとんどです。

注意2

ドメインの更新時期には忘れずに更新契約と利用料金の支払いを行いましょう。

期限を過ぎると全てのデバイス(PCや携帯電話)からアクセスできなく(表示されなく)なります。


期限日から30日以内でしたら更新費用のみで復旧可能ですが、31~45日経過すると 復旧手数料37,800円(税込) がかかります。

さらに46日~になると37,800円支払って復旧可能な場合もある、となっています。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

これで自分だけの独自ドメインが持てたね!次はドメインを「サーバー」と結び付ける方法を説明するよ!

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

なるほど!もう1度「レンタルサーバー」に戻って取得したドメイン情報を入力するのね。

 

手順7-1 DNSの設定(サーバー側)

ConoHa WING(コノハウイング)

コノハウイングドメイン

1
管理画面へログインして「サーバー管理」⇒右上の「+ドメイン」の順にクリックします。

2
次に「新規ドメインを追加」を選択後、先程取得した「独自ドメイン」を入力します。

3
次に3番目の「無料独自SSL」の「利用する」を選択します。

これでドメインがサーバーに登録されました。
まだこれだけでは紐付けされた訳ではありません。今度は、サーバーの情報を「ドメイン会社」へ登録する必要があります。

4
コノハウイングIPアドレス
サーバーのIPアドレスを確認する

左下の「DNS」をクリックするとサーバー情報が表示されます。

IPアドレスとは?
貸与されるサーバーの正式なアドレス(住所)のことです。

細かい数字の羅列で、世界中に同じものは存在しません。

数字ばかりで覚えられないために「独自ドメイン」という覚えやすいアドレス(住所)に置き換える仕組みです。

ドメインをIPアドレスに「翻訳」するようなもので、これを行うのが「DNSサーバー」と言われるものになります。

上記画像の「NSレコード」の並びに「DNSサーバー名」が記されています。この「DNSサーバー名」=「ns-a1.conoha.io」「ns-a2.conoha.io」をドメイン側に登録します。

ドメイン側(お名前.com)に「htpps://~」=「ns-a1.conoha.io」「ns-a2.conoha.io」サーバーを使用します。

データ保管しているサーバーのアドレスは「163.44.〇〇〇.〇〇〇」ですよ!って登録すること(紐付け)が必要になります。


「お名前.com」で取得したドメインはそのままではブログ等にはアクセスできません。

「DNSサーバー名」はこの後「お名前.com」で登録するので控えておく(コピー&ペーストでも可)

  1. ns-a1.conoha.io
  2. ns-a2.conoha.io

 

手順7-2 DNSの設定(ドメイン側)

お名前.com へログインします。

お名前.com

コノハウイングネームサーバー設定

管理画面上部の「ドメイン設定」の⇒「ネームサーバーの変更」をクリックします。

 

コノハウイングネームサーバー

「〇ほかのネームサーバーを利用」を選び「ネームサーバー情報を入力」します。

 

先程、ConoHa WING(レンタルサーバー)で確認してメモしておいた「DNSサーバー名」を、それぞれ1と2の欄へ入力またはコピー&ペーストします。

 

コノハウイングネームサーバー設定

無事に入力が終わると「ネームサーバーの変更 完了」画面が表示されます。
これでドメインのDNS設定(紐付け)が完了です。

 

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

お疲れ様でした!まだ意味が分からないことが多いと思うけど、僕も他の人のサイトを参考に真似しながらやってきたよ。

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

お疲れ様!これで自分のURLが有効になったね。後は、まだ空っぽのレンタルサーバーにブログやサイトの情報を入れていかなきゃね♪

 

手順8 WordPress ワードプレスをインストールする

ワードプレス

レンタルサーバー ConoHa WING(コノハウイング)にログインして

サイト管理」⇒「サイト設定」⇒「アプリケーションインストール」⇒「+アプリケーション」の順にクリックします。

コノハウイングアプリケーションインストール

複数の独自ドメインを登録している場合、ワードプレスをインストールしたい(ワードプレスでブログやサイトを作成したい)独自ドメインを選択します。

 

上から順番に入力していきましょう。

 

1
WordPressを選択
WordPress を選びます。簡単で親切ですね 
2
新規インストールを選択
これも簡単です。真ん中の「かんたん移行」他のレンタルサーバーを利用しているドメイン・ブログ・サイト・メールを簡単に移すことができます ※移行できない条件(下記)があるので注意!
右側の「サイトコピー」は同じコノハウイングサーバー内の別のドメインで運用中の、ワードプレを使用しているブログ等を簡単に複製できます。

 

テーマ」と「プラグイン」だけコピーできるので、複数のブログ等を作成したい場合にテンプレートが簡単に用意でき便利です

3
最新バージョンを選択
新規の場合は最新バージョンを選びましょう
4
wwwの有無
www」は、http:// の後に 「https://www.maru-blog1.com」のようにするのか、「https://maru-blog1.com」にするのかという事になります

どちらでも好きな方でいいと思いますが、大規模なブログ(Googleなど)は「www」あり、個人ブログは「wwwなし」が一般的です



5
サイト名
今から開始しするブログやサイトの名前を入力します

後で変更しないでいいように(後々での変更は好ましくありません)しっかり考えて決めましょう

6
メールアドレス
 
実際に使用しているメールアドレスを入力します
7
ユーザー名
他人に推測されないようなユーザー名を入力します
WordPress 管理画面へログインする際に使用します
8
パスワード
他人に推測されないようなパスワードを入力します
WordPress 管理画面へログインする際に使用します
9
データベース名
半角英数字で好きな文字を入力します

 

※WordPress で記事やタイトルなどの情報を保存・取り出す作業を行うツールがデータベースです

 

管理画面もありますが使用することはほとんどありません

10
ユーザー名
他人に推測されないようなユーザー名を入力します
11
他人に推測されないようなユーザー名を入力します

 

注意
7.8.10.11 のユーザー名とパスワードは必ずメモしておき、他人に見られないように保管しましょう!

 

ConoHa WING でサイト移行できない場合

・ WordPressのバージョンが3.8.5より古いサイト
・ PHPのバージョンが5.3より古いバージョンを利用しているのサイト
・マルチサイト機能を使用したWordPress
・ダッシュボードログイン時に二段階認証(ロボット認証)を行っているサイト
・プラグインインストール時にFTP情報を必要とする設定のWordPress
・WordPress.comからの移行
・ダッシュボードから画像投稿が出来ないサイト

他サイトで使用しているとエラーになる可能性のあるプラグイン

・Yet Another Related Posts Plugin
・WassUp Real Time Analytics
・WordPress Popular Posts
・wp slims stat
・Broken Link Checker
・count per day

引用元:conoHa WING ご利用ガイド

www とは

World Wide Web とは、インターネット上で提供されているハイパーテキストシステムである。Webウェブ、W3 とも呼ばれる。

引用元:Wikipedia

ハイパーテキストとは?
hypertext。hyper~=~を超えたの意味。HTMLなどに代表される複数の文書(テキスト)を相互に結び付ける仕組みのこと。世界中に大規模に拡大して相互につながったものが「World Wide Web」とも言えます。
定められた住所に保管された情報(ブログやサイト等)を色んな人々が見られるようになっていて、ブログやサイトを相互にリンクできる環境でつながっています。

 

リンクとは?
「link」=「関連付け」「つながり」「鎖」の意味。ブログやサイトのページ内に記される「URL」など、他のページの住所を示す情報を「ハイパーリンク」と呼びます。

このハイパーリンクの略語リンクです。
リンク箇所をクリックすると「そのページ」へ飛ぶことができます。
 

 

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/6041091bdfc89a9c85cd1956a7d89852.pngマル

このページだと、conoHa WING(https://manage.conoha.jp/)や、引用元:Wikipedia などがリンクです。

 

手順9 独自SSLの確認をする

検索窓


先に独自SSLの設定をします。

これは機密情報を暗号化してセキュリティ強化してくれる技術で、Googleも推奨していますので自分のブログを見に来てくれる方の個人情報を守るために、忘れずに設定しましょう。

無料で1クリック!「SSL有効化」をクリックします。現在自分のURLは「http://~」になっているのが「https://~」とSが付いたものに変わります。


次に「サイトURL」の自分のブログやサイトの「URL=https://~」をクリックしてみましょう。

ワードプレス

上の画面が表示されます。画面上部のURL欄を見てください。「https://~」となっていると思います。

ユーザーが仮にあなたのブログやサイトへ「http://~」で検索した場合、自動でhttps://~へ転送される設定がされています。

確認のために、自分のURLのhttps://~から s を削除して検索してみてください。無事に「https://~」の自分のページが表示されればOKです。

独自SSLとは?
Secure Socket Layer の略。インターネット上で、クレジットカード情報など機密性の高い情報を暗号化して送受信できるプロトコルです。

SSLによりセキュリティ強化されますので、自身だけでなくブログやサイト訪問者の個人情報も保護されますので独自SSLの設定を行いましょう。

確認してね!

独自SSL ⇒ https:// ~
独自SSLが設定されていない ⇒ http://~

プロトコルとは?
情報工学分野の用語。複数の者が(ここで言う「サーバー」と「クライアントPC(使用者の自分自身)」)事項を確実に実行するための手順について定めたものや取り決め(通信規約)のことです。

ワードプレスログイン画面


管理画面URL」のURLをクリックします。

WordPress ログイン画面が表示されますので、先程設定して書き留めておいた「ユーザー名またはメールアドレス」「パスワード」(※データベースの方ではありません)を入力します。

ワードプレス管理画面

WordPress 管理画面」が開きます。これで完了です!

https://maru-blog1.com/wp-content/uploads/2020/03/ddb5f3d277f2c10aa04801fdf16763e3.pngルンルン

お疲れ様でした!初めてで大変だったと思う。あとは「慣れ」と「時間」が解決してくれるので、充実したブログ生活が送れることを願っているわ。最後までお付き合いありがとう!

今回紹介したサービス
ConoHa WING  ワードプレス対応で作られた機能性・操作性・安心感

お名前.com 格安ドメインも多く、大手企業の信頼感